2010年02月18日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSMS、企業のクラウド導入計画を支援するコンサルタントサービスを展開

マイクロソフトはクラウド導入計画コンサルタントサービス「ITAP for S+S」を発表。Windows Azure やBPOS を含むクラウド環境構築・運用ノウハウを基に、サービスを日本向けにメニュー化した。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 マイクロソフトは2月16日、情報システムのクラウドコンピューティング化においてITアーキテクチャの策定と計画立案をコンサルティングするサービス「ITAP for S+S」を発表した。サービスは3月1日から提供する。

 ITAP for S+S では、クラウド構築基盤「Microsoft Windows Azure Platform」、企業向けオンラインサービス「Microsoft Business Productivity Online Suite」(BPOS)を含むクラウド環境の構築・運用ノウハウを基に、サービスを日本向けにメニュー化した。

 同社によると、日本企業はクラウドに対し、コスト削減や運用のスリム化だけでなく、SLA(サービスレベル契約)やセキュリティ、個別対応(カスタマイズの柔軟性)も期待しているという。こうした期待に応えるために、クラウド化する目的や「どこをクラウド化し、どこをオンプレミスで残すか」を導入前にはっきりさせる必要がある。同社 エンタープライズサービス コンサルティングサービス統括本部 業務執行役員 統括本部長 畑 義和氏は「従来のオンプレミスでは、データセンターの環境構築、システムテストといった“導入”以降のフェーズに時間を割いていたが、クラウド化で最も重要なのは最適な“計画”の策定である」とし、ITシステムの全体最適を考慮したアーキテクチャの計画、ロードマップの策定、要件定義を重視すると述べた。

画像 S+Sに向けたITライフサイクル全般に対するサービスの概要。ITAP for S+Sでは、システム導入プロジェクトのフェーズ「計画」「設計」「導入・移行」「運用」の中で、目的や導入効果を明確にする計画フェーズに重点を置く

 ITAP for S+Sの特徴は2つ。1つは、マイクロソフトのITシステム構築・運用ノウハウ、事例が豊富であること。「10年以上の実績がある商用サービスの運用ノウハウ、世界130カ国でビジネスを展開するグローバルカンパニーの社内システム運用ノウハウを活用する」(畑氏)。2つ目は、ITAP for S+Sの導入計画を最短9週間で策定すること。MS独自の分析手法「MSBA」(Microsoft Services Business Architecture)を活用する。

 また、ITAP for S+Sでの導入計画は大きく4つの工程がある。まず、課題分析でユーザー企業の全業務と全システムを整理しモデル化する。次に、ユーザー企業の全システムの中からクラウド化するシステムの候補を選出。「クラウド化の基準は、システム需要にピーク性があるかどうかと、システムに関する業務の成熟度(ビジネスプロセスが定型か不定型か)」(畑氏)。その後、システムの関連性の分析、導入効果の算出を行い、最後にクラウド導入計画のロードマップを策定する。

画像 ITAP for S+Sの導入計画。(1)課題分析の実施では、赤→黄→緑の順でクラウド化に適切であるとしている。

 価格は、ユーザー企業の規模に応じマイクロソフトが投入するコンサルタントの人数で変わる。参考価格は約9週間で840万円から。

ソフトウェアとサービスを連携させるMSのクラウド戦略

 同社は2010年のクラウド戦略として、従来のオンプレミス型サービスとクラウドサービスを組み合わせた「ソフトウェア+サービス」(S+S)を掲げる。ITAP for S+Sは、このS+Sの仕組みを利用する。

 S+Sは、SaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)にわたる包括的なクラウドソリューションを提供することが狙い。そのため同社は、ITライフサイクル全般に対するサポート体制を整備する。具体的には、S+Sに関連するIT技術者を、現在の50人から2011年6月末までに400人に増員する予定。サポート人員を強化することで、今後3年間でS+S関連サービスのプロジェクトを300件受注する計画である。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

サイバーエージェントがDDTプロレスリングを買収
サイバーエージェントは、DDTプロレスリングの発行済み株式の全株式を取得したことを発表...

news069.png

Twitter投稿を基に番組視聴者のペルソナを可視化、データセクションのテレビ番組口コミ分析サービスに新機能
データセクションは、テレビ番組口コミ分析サービス「TV Insight」において、ソーシャル...

news058.jpg

アプリ利用者を特定してアンケート調査、「App Ape」と「TesTee」が連携
フラーは、リサーチツールの提供を行うテスティーと共同で、アプリ所持ユーザーや休眠ユ...