2010年02月24日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSオリエンタルアーツ、Google App Engineに対応したWebフレームワーク「pirka」の新版を公開

オープンソースWebアプリケーションフレームワークの最新版「pirka framework Ver 1.05」は、Google App Engine(GAE)に対応した。従来版で作成したアプリも多少の修正でGAE環境へ移行できる。

[TechTargetジャパン]

 オリエンタルアーツは2月23日、オープンソースで提供するWebアプリケーション開発用フレームワーク「pirka(ピリカ)」の最新版「pirka framework Ver 1.05」を発表した。SourceForge上で同日より公開している。

 pirkaは、HTMLとJavaの知識さえあれば利用できるフレームワーク。セッション管理やセキュリティ保障など、Webアプリケーション開発特有の処理はpirka側で担当するため、共通開発作業の削減、処理の漏れや間違いの抑制、プログラミング担当者のスキルの違いによる品質差の緩和を実現するという。

 最新版では、Googleが提供するアプリケーション開発用プラットフォーム「Google App Engine」(以下、GAE)に対応。従来版pirkaで作成したWebアプリケーションも多少の修正でGAE環境へ移行可能だとしている。ソースコードと詳細資料はpirka公式サイトからダウンロードできる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news069.png

Twitter投稿を基に番組視聴者のペルソナを可視化、データセクションのテレビ番組口コミ分析サービスに新機能
データセクションは、テレビ番組口コミ分析サービス「TV Insight」において、ソーシャル...

news058.jpg

アプリ利用者を特定してアンケート調査、「App Ape」と「TesTee」が連携
フラーは、リサーチツールの提供を行うテスティーと共同で、アプリ所持ユーザーや休眠ユ...

news012.jpg

別所哲也氏と考える、ブランディングの必要性を経営者に納得させる方法
「Branded Shorts」をプロデュースする俳優の別所哲也氏と戦略コンサルタントの山口義宏...