2010年02月24日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本ネティーザ、中堅・中小企業向けDWHアプライアンス「Netezza Skimmer」

汎用ブレードサーバや、ユーザーの問い合わせに応じて必要データの読み出しと不要データ排除を同時実行する技術を搭載。セントラルDWHから部門DB/データマートに至るまで幅広い企業ニーズを満たすという。

[TechTargetジャパン]

 日本ネティーザは2月23日、データウェアハウス(DWH)アプライアンスの新製品「Netezza Skimmer」を発表した。同日より販売開始し、出荷開始は2月末から。エントリーレベルや中堅・中小企業向けDWHシステムからデータマート、各種アプリケーションアプライアンス、開発/テスト用システムまで、幅広い用途で活用できるという。

 ブレードサーバには、Intel Quad Coreと同社のDBアクセラレータカードを採用。筐体は30.63×44.4×73.34(cm)と小型ながら、最大10Tバイト(圧縮時)のデータを保存可能とした。インタフェースはSQL、ODBC、JDBC、OLE DBに対応する。

 そのほか、ユーザーの問い合わせに応じて必要データの読み出しと不要データの取り除きが可能な独自技術「データ・ストリーミング・アーキテクチャ」を搭載。高度なビジネス分析をより簡単かつ低コストで実現できるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...