2010年03月04日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日商エレ、BPOサービスの業務効率を向上するデータエントリー統合管理システムを販売

BPOサービス事業が抱える複数のエントリー拠点をセキュリティ保護下で管理でき、エントリーシステムを持たないBPOサービス事業者にも、無限のエントリー環境を持たせることが可能だという。

[TechTargetジャパン]

 日商エレクトロニクスは、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)業務を効率化するデータエントリー統合管理システム「Virtual Entry Square(以下、VESquare)を開発、3月1日より販売開始した。

 VESquareは、BPOサービス事業が抱える複数のエントリー拠点をセキュリティ保護下で統合管理するシステム。複数のエントリー拠点とVESquareを有機的に連結することで、エントリーシステムを持たないBPOサービス事業者でも、無限のエントリー環境を持つことが可能だという。

 仮想的なエントリーシステムを構築すれば、大量のデータを高速かつ正確に処理することも可能。従来は委託先のデータエントリーサービス事業者ごとに依存していたリソース配分や進ちょく管理、データ品質チェックなどの作業を効率化するという。

 そのほか、データエントリーサービス事業者が忙しく自社(自拠点)の入力端末数の対応が困難な場合には、他入力拠点と業務連携することもできる。

画像 VESquareの概要。エントリーするイメージファイルやパンチアップデータの集配信管理だけではなく、データの品質にこだわったという入力工程制御機能も装備している

 同社では、BPOサービス事業者や提供するデータエントリーシステム「OpenIDES」の顧客を対象にVESquareの販売を行うとともに、サービス基盤の構築やBPOサービス事業者へのサービス提供を進めることで、初年度1.5億円の売り上げを目指す。短期利用を希望するBPOサービス事業者向けにはSaaS(Software as a Service)型での提供も予定している。

 価格は1アダプター含むVESquareサーバライセンスが300万円。5ライセンスまでの接続料が50万円。

関連ホワイトペーパー

SaaS | サーバ


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

ホットリンク子会社のトレンドExpressが越境ECサービス「越境EC X」を提供
トレンドExpressは、越境ECサービス「越境EC X(クロス)」の販売を開始した。販売だけで...

news018.jpg

メイドインジャパン製品が好き過ぎるアジアの都市は?――トランスコスモス調査
トランスコスモスは、アジアの主要10都市におけるオンラインショッピングの利用実態を調...

DACがテンセントと戦略的パートナーシップを締結
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムはTencent IBGと戦略的パートナーシップの締...