Loading
2010年03月05日 18時00分 UPDATE
PR

クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」多数のUSBメモリも適正管理する、今求められるIT資産管理

近年、企業においては、クライアントPCをはじめとするIT資産管理に加え、ソフトウェアのライセンス管理も求められている。肥大化する情報システム部門の業務負荷を軽減する運用管理ソフトウェアを紹介する。

[ITmedia]

 IT資産管理はサーバやソフトウェアの管理だけを指すものではなくなってきている。最近も大規模な情報漏えい事故・事件が発生しているが、以前のような容量の小さいフロッピーディスクとは異なり、USBメモリや大容量のHDDを搭載したノートPC、CD-R、DVD-Rなどの大容量の記録メディアを利用するため、1つの事件・事故で漏えいしてしまう個人情報の件数が多くなっているのだ。

 そういう意味で、取り扱いが容易なUSBメモリについては厳重な管理が求められる。もう一歩踏み込めば、USBメモリにデータを書き込むクライアントPCも厳重に管理しなければならないだろう。これらを漏れなく管理するには、社内IT資産すべての現状把握とそれらすべての操作ログの収集が重要になる。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「Sky株式会社」に収集される
  • 「Sky株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「Sky株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:Sky株式会社

提供:Sky株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部