2010年03月16日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本ユニシス、企業向け教育プラットフォームサービスに英語表示やお知らせ機能を追加

日本ユニシスは、社員研修の申し込みや受講履歴管理を行うSaaS型教育プラットフォームの最新版を提供開始した。アップデート版では、英語表示機能や管理者からのお知らせ機能を追加した。

[TechTargetジャパン]

 日本ユニシスは3月15日、企業研修の実施と運営を支援する社内教育向けプラットフォーム提供サービス「LearningCast update2」を開始した。

 LearningCastは、企業研修の運営と実施に掛かる作業負荷を軽減するためのSaaS(Software as a Service)型教育プラットフォームだ。具体的には、研修の申し込み管理(研修作成、申し込み、キャンセル、照査)、研修(eラーニング、アンケートなど)の実施、進ちょく照会、結果集計、受講履歴照会などを支援する。

 LearningCast update2では、メニューやメッセージを英語表示できる機能を標準装備しグローバル企業の社員教育で活用が可能になったほか、システム管理者から利用者に向けてメッセージを掲示する「お知らせ機能」を追加した。ほかにも、「教材ファイルの学習順設定機能」「ホーム画面の表示項目選択機能」「アンケートの必須回答項目設定機能」「パスワード管理機能」など11項目を改善、強化した。

 社内教育で利用する場合の料金は、1〜10人は月額8000円(税別、以下同様)で、11人以上は1人月額800円(49人まで)、5000人以上は1人月額90円。eラーニング教材を使用した教育ビジネスなど、第三者に教育サービスを提供するシステムとして利用する場合は、基本料金と利用実績に応じ料金が設定される。

関連ホワイトペーパー

eラーニング | 社員教育 | パスワード | SaaS


注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。