2010年03月16日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS青山商事、富士通のICT基盤と連携した新在庫管理システムを導入

24時間稼働の物流センター開設に伴い、自社の物流システムと富士通の在庫管理システムを連携した在庫の一元管理システムを導入した。

[TechTargetジャパン]

 紳士服メーカーの青山商事は、24時間稼働の物流センター(千葉センター)開設に伴い、青山商事の物流システムと富士通在庫管理システムを連携した在庫の一元管理システムを導入した。3月15日に富士通が発表した。

 青山商事の物流システムは、RFID搭載ハンガーを応用したホイールシステム。富士通の在庫管理システムと連携することで迅速な在庫確認・出荷が可能になったほか、搬入先の店舗や時間、商品点数や配列などの情報から自動仕分けができるなど、1日単位でのきめ細かな配送を実現したという。

 富士通では、24時間ノンストップの物流を支えるICT(情報通信技術)基盤として、同社のPCサーバ「PRIMERGY」、ストレージシステム「ETERNUS」、統合運用管理ソフトウェア「Systemwalker」などで構成したシステムを構築。上記機能をサポートしている。

関連ホワイトペーパー

在庫管理 | 運用管理 | 富士通 | RFID | サーバ | ストレージ


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「アドエビスリサーチ」、450万人の消費者データを活用してWeb広告やWebサイト接触者限定の調査が可能に
ロックオンは、クロスマーケティンググループのディーアンドエムと協業を発表。「アドエ...

news098.jpg

モバイルアプリ広告のYouAppi、人工知能で細かなセグメンテーションを実現するリエンゲージメント広告を提供
モバイルアドテクノロジーのYouAppiは、モバイルアプリ広告配信プラットフォーム「360° ...

news058.jpg

訪日外国人観光客は結局、何を求めて日本にやって来るのか
「見にきてもらう」から「参加してもらう」へ。訪日外国人と浅草の関係は少しずつ変わり...