2010年03月18日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本HP、中堅・中小企業向け通信サービスプラットフォームをSaaS型で提供

日本HPは、通信事業者などのサービスプロバイダー向けに、複数の通信サービスを中堅・中小企業にワンストップで提供可能にする統一プラットフォームを発表した。

[TechTargetジャパン]

 日本ヒューレット・パッカードは3月17日、通信事業者などのサービスプロバイダー向けに、複数の通信サービスをワンストップで提供可能にする統一プラットフォーム「HP Aggregation Platform for SaaS(HP APS)」を提供開始した。料金は個別見積もりとする。

 HP APSは、中堅・中小企業(SMB)が必要とするサービスの検索機能「Market Place Portal」やサービス利用契約のためのポータル機能「SMB Customer Portal」、複数のサービスを利用可能にする機能「SaaS Service Provisioning」などで構成。各種通信サービスや顧客管理システム(OSS)、請求システム(BSS)などと連携する。通信事業者は同社のクラウドサービス「HP CaaS」を通じてHP APSを利用することで、中堅・中小企業などに自社の通信サービスを提供できるという。

 例として、通信事業者がIPネットワーク内でIP電話端末間の接続をするIP-PBX、企業の電話窓口で音声の自動応答をするIVR、通話録音、テレビ電話会議システム、コンタクトセンターなどが提供可能となるほか、企業内通信サービスの運用コスト管理が容易になる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。