2010年03月19日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS富士通が中堅企業向け商品・サービスを強化、10月に新会社立ち上げへ

富士通は中堅企業向け製品の拡充を図る計画を発表した。4月1日より富士通ビジネスシステムに中堅市場向け商品の企画・開発機能を順次集約し、10月1日に新会社を立ち上げる。

[TechTargetジャパン]

 富士通グループは、新会社を10月1日に立ち上げ、中堅企業向け製品・サービスの拡充を図る計画を発表した。その先駆けとして、新会社の母体となる富士通ビジネスシステム(FJB)に中堅民需市場向け商品・サービスの企画開発機能を4月1日より順次集約する。今後は、中堅企業向け業種・業務パッケージやICTシステムの運用をサポートする各種サービス、クラウドサービスの強化を随時進めていく。

 具体的には、富士通グループが提供する中堅企業向けERP「GLOVIA smart」の開発部隊と、FJBのシステム導入・サポート実績ノウハウをFJBに統合することで、GLOVIA smartの販売体制を強化。システム導入に必要なサービスについては、自社製品だけでなく、他社製品も組み合わせたサーバストレージミドルウェア、アプリケーション、ネットワーク機器のインフラ構成から、システム構築・テスト・運用までのサービスをセットとして順次提供する。

 クラウドサービスについては、GLOVIA smartをはじめとしたSaaS(Software as a Service)アプリケーションを拡充。既存アプリケーションのSaaS化および再販を検討する企業に対して、各種支援メニューを備えた「SaaSパートナープログラム」をパートナー企業とともに引き続き提供していく。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...