2010年03月25日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSアステラス製薬、SAPのアプリケーションを基盤とした人事基盤システムを導入

プライスウォーターハウスクーパースとSAP ジャパンは、後継者候補を一元管理でき、計画的なリーダー人材育成を可能にする人事基盤を構築。アステラス製薬が4月より稼働開始する。

[TechTargetジャパン]

 プライスウォーターハウスクーパースとSAP ジャパンは3月24日、SAPのアプリケーションを基盤とした後継者育成計画システムを構築し、4月1日よりアステラス製薬が同システムを本格稼働すると発表した。

 アステラス製薬では、中期経営計画における取り組みの1つとして、継続的な事業計画を展開するための人事基盤構築を掲げていた。そこで既存の人事システムである「SAP ERP Human Capital Management」との親和性が高く、現存する人事情報を効率的に利用できるソリューションとして、コアポジションの管理、後任者計画、組織改編計画、人事分析など、人材の活用を支援する「SAP Talent Visualization by Nakisa」を活用した新システムを構築した。

 新システムにより、アステラス製薬は自社に存在するコアポジションや後継者候補の情報を一元的に管理できるほか、最適な人材情報を抽出するためのキーワード検索、選択された人材群の一括管理などが可能となる。

 システム導入においては、海外での人事情報システム導入および業務改革コンサルティング経験・実績の多いプライスウォーターハウスクーパースが、基本構想策定、要件定義、システム設計・開発、運用サポート、およびユーザートレーニングを担当する。プライスウォーターハウスクーパースとSAPジャパンでは今後、アステラス製薬の世界規模での人材マネジメントに関する課題に対しても、積極的に支援するとしている。

関連ホワイトペーパー

人事 | SAP | 運用管理 | ERP | 経営 | 検索


ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...