2010年04月07日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本セキュアのログオン認証ソフト「SecuMAP」が指紋認証USBメモリに対応

PCログイン時のセキュリティを強化する多要素認証ソフトが、暗号化機能を備えた指紋認証USBメモリに対応。モバイルPCなどの本人認証を手軽に実現する。

[TechTargetジャパン]

 日本セキュアジェネレーションは4月6日、提供するログオン認証ソフトウェア「SecuMAP」が、エムコマースの指紋認証USBメモリ「Biocryptodisk iSecure-ProX」に対応したと発表した。

 SecuMAPは、Windows搭載PC(対応OSはXP/Vista/7)のログオンおよびWebアプリケーション利用時の本人認証を、ICカード(FeliCa)やUSBアクセスキー、生体認証(指紋、静脈)などの各種認証方法に置き換えることで、セキュリティ性能と利便性を向上させるシステム。価格はオープン。

 今回、暗号化機能(AES256ビット準拠)を備えた指紋認証USBメモリに対応したことで、同USBメモリをPCのログオン認証に利用可能となった。USBメモリは小型、軽量であることから、モバイルPCなどでの本人認証が手軽にできるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

テレビ視聴に関するアンケート調査――スカパーJSAT
スカパーJSATは、全国の10〜60代の男女を対象に「テレビ視聴に関するアンケート調査」を...

news143.jpg

広告運用支援ツール「AdNote」がバージョンアップ 予算調整、カスタムレポート、分析の業務を自動化
ブレインパッドは、広告運用支援ツール「AdNote」のバージョンアップを発表した。

news025.jpg

中日米3カ国生活者調査で分かったテクノロジー利用率の圧倒的な差――博報堂生活綜研(上海)
中国のテクノロジー生活の現在はどうなっているのでしょうか。