2010年04月21日 00時00分 UPDATE
PR

「Vista飛ばし」企業のためのPC管理刷新のススメ「Windows 7移行」はIT資産管理の4大課題をまとめて解決する好機だ

IT資産管理における喫緊の課題である「Windows 7移行」「ライセンス管理」「ユーザーの生産性向上」「グローバル対応」について、IT資産管理ツールベンダーに対策法を聞いた。

[ITmedia]

 IT資産を適切に管理して資産効率を高める「IT資産管理」の重要性が叫ばれて久しい。だが、絶え間ないIT資産の増加、ITに再び訪れる集中化・標準化の波、ビジネスパーソンの働き方そのものの多様化、コンプライアンス厳格化などの状況変化により、思うようにPC運用管理を実施できている企業は少ないだろう。

 折しも「Windows 7」の登場により、大方の企業は1〜3年のうちにIT資産の大部分を占めるクライアントPCの環境刷新に乗り出すはずだ。特に、Windows Vistaへの移行を見送った企業の中には「OS刷新は10年ぶり」という企業もあるだろう。これを好機としてIT資産管理の在り方を抜本的に見直してみてはどうか。その上でWindows 7への移行を行えば、無駄なコストを抑えられる。

提供:LANDesk Software株式会社

提供:LANDesk Software株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部