2010年04月22日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSポリコムのテレビ会議システムがフルHD・H.264ハイプロファイルに対応、使用帯域が半分に

主力のHDXシリーズがバージョンアップし、フルHDでの通信や利用帯域を従来の約半分に抑えるH.264ハイプロファイルに対応。Office Outlookからの会議予約も可能になっている。

[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 ポリコムジャパンは4月21日、HD(高解像度)対応テレビ会議システム「Polycom HDXシリーズ」用システムソフトウェアの最新版「HDX 2.6」を発表した。テレビ会議システムとしては業界で初めて映像圧縮技術「H.264ハイプロファイル」(以下、H.264-HP)をサポートするなど、機能の強化を図った。同システムを採用した製品は4月21日から受注を開始、既存ユーザー向けには同月末からソフトウェアを提供する。価格はオープン。

画像 Polycom HDXシリーズ

 HDX 2.6では、1080p/30fpsのフルHDおよび720p/60fpsの映像に対応。さらに映像圧縮符号化方式の標準規格であるH.264-HPを新たにサポートした。これにより、狭い帯域幅の通信回線でも高品質のビデオ会議が可能になる。一般的なH.264対応のHDテレビ会議システムやテレプレゼンスに比べ、同等の解像度/フレームレートを実現しながら利用帯域を最大半分にまで削減できるという。同社は3月、自社製テレビ会議システムで順次H.264-HPをサポートすると発表していた。H.239によるコンテンツ共有、720p/30fpsでの映像配信にも対応する。

 今回、フルHDに対応するのはHDX 6000(受信のみ)/7000/8000/9000の各シリーズ。

 またダッシュボード・モニタリング・リポート機能といった管理機能の拡張、MCU(多地点接続装置)間の負荷分散など、システム管理・インフラ面での強化も行われた。特にユニファイドコミュニケーションへの対応として、Microsoft Exchange Server 2007との連携を実現した。「Polycom Conferencing for Outlook(PCO)」と呼ばれるソリューションでは、Office Outlookから音声・ビデオ会議の予約が可能で、参加者は招集者から受信したメール上で電話番号や会議室のリンクを確認したり、任意のコミュニケーションツールを選択できるようになっている。

画像 Outlookメール上に記載されたリンクをクリックするだけで、ユーザーは任意のツールで会議に参加できる。参加できなかった場合は録画データにも直接アクセス可能《クリックで拡大》
画像 iPhoneライクなタッチインタフェースを持つTouch Controlの試作品。PoE(Power over Ethernet)で給電する

 ポリコムはそのほか、低価格のHD対応カメラ「EagleEye View カメラ」や既存の会議システムをLAN経由で操作可能なタッチセンス式のコントローラー「Touch Control」(2010年第4四半期リリース予定)なども発表した。

関連ホワイトペーパー

Outlook | ビデオ会議 | Exchange | iPhone | 負荷分散


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

電通パブリックリレーションズが「第2回 企業広報力調査」の結果を発表
電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所は、「第2回企業広報...

news095.jpg

MasterCard、「Pepper」向けデジタル決済アプリケーションの試験運用を開始へ
MasterCardは、人型ロボット「Pepper」向けの初の決済アプリケーションによるの試験運用...

news080.jpg

石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援した...