Loading
2010年04月26日 00時00分 UPDATE
PR

ネットワーク統合にも有効なCEE/FCoE対応10GbEスイッチ「Brocade 8000」信頼できるデータセンタースイッチを見極めるための5つの要素

仮想化によるサーバ統合が進むデータセンターにおいて、ネットワークにはこれまでにない新たな役割が求められている。では、仮想化環境に最適化されたデータセンター向けスイッチに必要な条件とは何だろう?

[ITmedia]

 業務システムのクラウドサービス化というITトレンドの下、サーバやストレージの集約が急ピッチで進むデータセンター。その中心にあるネットワークに求められる要件も、パフォーマンスやコストの面で管理者に新たな課題を突き付けている。

 今後のデータセンターのインフラに必須となる仮想化技術でサーバ統合を進めると、仮想サーバの柔軟な拡張性や移動性に見合った、ネットワーク性能のさらなる向上が必要となる。また性能向上の一方で、接続機器には省電力化という命題も課される。さらに、これまでLANとは別に構築されていたストレージネットワークの統合も、運用管理コストの削減の観点で現実的な命題となってきた。

 こうした要件は、具体的にはデータセンターで導入されるイーサネットスイッチのスペックに掛かってくる。ただしそれらは、「低価格の10Gビットイーサネット(以下、10GbE)対応のスイッチ」という単純なスペックだけでは満たされない。データセンターネットワークで実績のあるブロケード コミュニケーションズ システムズ(以下、ブロケード)によると、これからクラウドシステムを構築していくデータセンターが求めるスイッチの条件は、大きく5つあるという。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社」に収集される
  • 「ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部