Loading
2010年04月26日 00時00分 UPDATE
PR

リアルタイムバックアップソフト「Double-Take Backup」「バックアップは定期で」を覆すリアルタイムバックアップの効果

複数のサーバの集中バックアップにレプリケーションが使われるようになっている。膨大なデータを短時間にバックアップし、かつ任意の時点の内容で復旧したいという声に応えるソリューションが登場した。

[ITmedia]

 企業内のサーバ上で保有するデータ量が年々増え続ける一方で、管理者はバックアップを定期的に、小まめにしなければならない。だが、これまでのテープ装置などによる長時間のデータバックアップ手法では、運用が難しくなっている。

 サーバのデータ容量が大きくても、確実かつ短時間にバックアップしたい――。このようなニーズを持つ企業は今、従来のバックアップ手法を見直し始めている。さらに複数の拠点を抱える企業では、業務上の損失を最小限に抑えるため拠点サーバの遠隔バックアップを本社などで集中的に行い、障害時には迅速にデータ復旧するという事業継続性も求めている。

 そうした中で、情報システムの新しいバックアップ手法の1つの解となるのが、レプリケーションによるバックアップだ。シーティーシー・エスピー(以下、CTCSP)がこのほどリリースする(※)リアルタイムバックアップソフト「Double-Take Backup」は、急拡大するデータのバックアップ手法を見直すには最適なツールといえるだろう。

※2010年6月1日より販売開始予定。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「シーティーシー・エスピー株式会社」に収集される
  • 「シーティーシー・エスピー株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「シーティーシー・エスピー株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:シーティーシー・エスピー株式会社

提供:シーティーシー・エスピー株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部