2010年05月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クライアント環境の変化に対応するためにモバイルおよびWeb向けアプリのQAテストのコツ

顧客は、いつどのような環境を選んでも、システムが確実に動くという便利さと安心感を求めている。

[John Scarpino,TechTarget]

 Webユーザーやモバイルユーザーが使うOSには変化が付き物だ。このことは、わたしのような品質保証(QA)マネジャーやアナリストにとっていつも問題になる。われわれは常に、泥縄にならないように先を見越してテストを行い、自社のWebアプリケーションやモバイルアプリケーションが、予定しているリリース日からターゲットOS上できちんと動作するようにしなければならない。

 企業のビジネスサービスやモバイルサービスは、ユーザーのWeb環境やモバイル環境にますます依存するようになってきている。一方、モバイル技術やコンピュータ技術が絶えず進化していることから、OSやWebブラウザ、アプリケーションインタフェースの継続的なアップグレードが不可避となっている。以下では、これらを総称して「クライアント」と呼ぶこととする。

 クライアントに依存する非常に複雑で動的なシステムを運用している企業のQAアナリストは、こうした変化するクライアント環境に対するテストを、それらの正式リリース前のβ段階で行えるように装備と準備を整えなければならない。わたしが見てきたところでは、経営幹部は、こうした変化の管理に必要な適切な措置を講じる準備をしていなかったり、講じることに消極的だったりする場合がほとんどだ。

 Webユーザーやモバイルユーザーが使うOSは、Mac OS XやLinux、Google Chrome OSなども含め多岐にわたり、いずれも同じようには動作しない。企業はさまざまなテスト環境を利用して、アップグレードされたデバイスや多様なブラウザベースインタフェース上で自社のアプリケーションが動作するようにしなければならない。アプリケーションテストは、32ビットおよび64ビットプロセッサ、メモリとその処理速度の性能、そしてストレージ機能について行わなければならない。

 ユーザー環境では、テスト仕様のさまざまな動的な組み合わせが発生することから、テスターは無数にも見える場合分けを考慮して、基準を満たさなければならない。このため、堅固な仮想環境や、複数パーティションまたはホットスワップ対応ドライブを持つサーバに投資することは、一部の企業にとって有効なソリューションかもしれない。

 手軽に使えるテスト環境があれば、QAアナリストやQAマネジャーが常に先を読み、テスト仕様の内容に基づいて将来の問題を予測し、あらかじめモックテストを行うのに役立つ。これにより、エンドユーザーが問題のあるハードウェアやソフトウェアに触れる危険が軽減される。重要なのは、必ずテストを徹底すること、つまり、使われる可能性のある環境を極力網羅してテストを行うことだ。

 顧客は、いつどのような環境を選んでも、システムが確実に動くという便利さと安心感を求めている。このため、QAテストに当たっては、行の項目がOS、列の項目がブラウザである環境要件マトリックスを作成するのが有効なことが多い。セルに「X」を記入したりセルを色分けしたりして、各テスト環境の影響の大小を示すとよい。

画像 テスト環境マトリックスの例
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

インターネット広告PMP取引市場規模、2021年には約3倍に――サイバーエージェント子会社が予測
サイバーエージェント子会社のAJAは国内PMPの市場動向調査を実施。その結果を発表した。

news025.jpg

電通ダイレクトフォース、コマース機能付きインタラクティブ動画を制作できる「EICHI ビデオコマース」を提供
電通ダイレクトフォースは、コマース機能を実装したインタラクティブ動画を制作・配信で...

news019.jpg

電通など3社、Instagram動画広告の制作・配信ソリューションを提供
電通デジタルと電通、TWIN PLANETの3社は、「Instagram」の動画広告を制作・配信するソリ...