Loading
2010年05月21日 00時00分 UPDATE
PR

ここから始まる攻めのIT投資生き残り戦略を支えるデータ統合プラットフォームの実力とは

これからの企業戦略のキーワードは「生き残り」だ。そのためには、業績データの分析がますます重要になる。しかし正確な分析が可能なデータをどれだけの企業が保持しているかは疑問の余地があるという。

[TechTargetジャパン]

 世界的な景気回復の兆しは確かに見えてきた。だが、安閑とはしていられないのも事実だ。以前にも増して生き残りをかけた激しい競争の渦が企業を待ち受けている。そんな中で重要になってくるのは、新しい顧客の開拓はもとより、既存顧客への的確なアプローチである。これまで取引のあった企業のニーズを理解し、確実にビジネスを広げていけるかが今後のカギとなる。

 既存顧客の隠れたニーズを掘り起こすには、これまで蓄積してきた情報資産(以下データ)を価値あるものとして最大限に活用することが必要になってくる。しかし実際、このデータを活用するという作業が効率化されている企業が少ないと考えられる。その理由の大半は、データを分析し最大限経営に役立てるために必要なデータの正確性の確保や、データ基盤/IT基盤の構築に多くの人材とコストそして時間がかかってしまうからである。

 信頼できる正確なデータの活用・分析をライバル社よりも迅速に行わなければ、生き残りどころか、他社との差別化が進み、さらには市場からも消えてしまうかもしれない。そうした現実を前にして、今求められているのは、企業内データを効率よくクレンジングし、高い正確性を維持し続ける仕組みである。その仕組み作りのために、何をどう解決していけばよいのか。この分野に詳しいインフォマティカ・ジャパン マーケティング部の山本哲也ディレクターに話を聞いた。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「インフォマティカ・ジャパン株式会社」に収集される
  • 「インフォマティカ・ジャパン株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「インフォマティカ・ジャパン株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:インフォマティカ・ジャパン株式会社

提供:インフォマティカ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部