2010年06月03日 09時00分 UPDATE
ニュース

news日本IBM、ラックマウント型x86サーバ新製品「IBM System x 3620 M3」を発表

日本IBMは内蔵ストレージの最大容量が16Tバイトのラックマウント型x86サーバ新製品を発表した。

[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エム(以下IBM)は6月2日、ラックマウント型x86サーバ新製品「IBM System x 3620 M3」(以下、3620 M3)を発表した。3620 M3は内蔵ストレージの最大容量が従来製品(IBM System x3650 M3)と比較して約1.7倍の16Tバイトになり、最大容量搭載時の価格が従来比約65%で、価格ストレージ容量比が約2.5倍となった。

x3620m3_l.jpg IBM System x 3620 M3

 10T〜16Tバイトのストレージが必要な際、最大搭載ストレージ容量が9.6Tバイトの従来モデルでは、サーバ本体にストレージ拡張ユニットを取り付ける必要があった。3620 M3ではすべて内蔵できるため、省スペース化を実現し、導入コストの削減も可能となる。

 IBMでは、3620 M3は、オンラインゲームや携帯コンテンツの配信、ソーシャルネットワーク用など、ストレージ容量を多く必要とする企業の部門が持つファイルサーバやバックアップ用サーバなどに用途が広がるとみている。

 3620 M3の価格は最小構成価格で36万円(税別、HDD未搭載)。出荷は6月16日から。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | IBM(アイ・ビー・エム) | サーバ | x86


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。