2010年06月18日 00時00分 UPDATE
info Center

「eX5」が実現する x86サーバの真の実力サーバ能力を最大限に引き出す次世代アーキテクチャ「eX5」の実力

日本IBMの新技術「eX5」は、Intelプロセッサの価値を補完しながらメモリ容量、処理速度などすべての側面で既存サーバの常識を超えた性能を確保。日々増大するシステム要求に低コストかつ迅速に対応する。

[ITmedia]

注目のホワイトペーパー

eX5サーバのリリースによりx86の市場シェア回復を目指すIBM

2010年3月3日(日本時間)、IBMはインテルCPUとの融合により、パフォーマンスや可用性、拡張性、運用効率性の飛躍的な向上を狙ったIBM独自開発の次世代x86サーバ向けアーキテクチャ“eX5”を発表した。


x86サーバ環境における経済性の変革

x86サーバ環境における経済性の変革について、「x86サーバの能力」「パフォーマンスにおける理論と現実のギャップ」「メモリの制約からの解放とパフォーマンスボトルネックの除去」「シンプルな導入と容易なシステム管理」のカテゴリに沿って解説する。


VMware vSphere 4の新機能:パフォーマンスの向上

VMware vSphere 4のパフォーマンス向上について、「CPU」「メモリ」「ストレージ」「ネットワーク」「リソース」「パフォーマンス管理」「アプリケーションのパフォーマンス」ごとに説明する。