2010年06月28日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSNEC、三洋電機、CSIが地域医療連携ソリューション事業で協業

診療所における診療情報の公開・閲覧の範囲を拡大させることで、地域医療の連携強化や医療サービスの向上を目指す。

[TechTargetジャパン]

 NEC、三洋電機、シーエスアイ(以下、CSI)の3社は6月25日、地域医療連携ソリューション事業において協業することを発表した。NECとCSIは、電子カルテシステムと地域医療連携ネットワークサービス「ID-Link」を接続して情報公開を行う「地域医療連携ソリューション」を2009年7月から販売している。今回、その事業に三洋電機が新たに参画する。

 3社が協業する地域医療連携ソリューションは、電子カルテシステムとID-Link、接続するための専用サーバ「診療情報公開用サーバ」の3つで構成される。ID-Linkは、医療施設に分散されている診療情報を患者番号(患者ID)で統合して共有するサービス。医療施設内の専用サーバに格納された診療情報を、サービスセンターを経由して閲覧する。また、対象となる電子カルテシステムとして、NECが大規模病院向け「MegaOakHR」、CSIが中小規模病院向け「MI・RA・Is」シリーズ、三洋電機が診療所向け「Medicom-DP/X」「Medicom-HR」をそれぞれ提供する。

画像 地域医療連携ソリューションの概要図

 また、NECはID-Linkの診療所向け価格を見直し、2010年10月より従来比約40%の低価格化を行う。さらに診療所がID-Linkに接続するための「オンデマンドVPNセットプラン」も新たに提供開始する。ID-Linkの価格は以下の通り。

ID-Linkの価格一覧(価格はいずれも月額利用料。税別)
形態 価格
診療所 ID-Linkサービス・単体プラン 2980円
ID-Linkサービス・オンデマンドVPNセットプラン 3960円
病院 一般病床300床未満の場合 5万円
一般病床300床以上の場合 8万円

関連ホワイトペーパー

NEC(日本電気) | サーバ | オンデマンド | VPN


ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

PR TIMES LIVE、「TechCrunch Tokyo 2018」のライブ配信を実施
2018年11月15、16日に開催される日本最大級のスタートアップ・テクノロジー の祭典「Tech...

news034.jpg

Marketo×DataRobotの連携で見えた「AIドリブンマーケティング」の未来
「AIの民主化」でマーケティングはどう変わるのだろうか。【訂正あり】