2010年07月01日 00時00分 UPDATE
info Center

仮想化環境のメリットを最大化クラウド時代に適したストレージ環境を作る

仮想化環境やクラウドの企業活用が一般化している。そんな中、日々爆発的に増えるデータの管理はできているだろうか。クラウド時代のストレージ環境とバックアップを考える上で役立つコンテンツを集めた。

[ITmedia]

新着ホワイトペーパー

Windows Server 2008 R2 Hyper-Vをどう生かすか 〜バックアップとリストア編〜

仮想環境でのバックアップ/リストアにおけるCPUやメモリなどのリソース消費という問題を解決。バックアップの効率的な管理と、プロセスの簡素化、自動化を実現するベストプラクティスを紹介。


プライベートクラウドで本当にTCO削減は可能なのか? 既存の混在ストレージをフル活用する革新の手法とは

異機種混在ストレージの仮想化で、TCOや運用負荷の削減を支援し、余剰容量の有効活用を実現。そのための答えは、ここにある。


注目記事

ストレージで先を行くデータ運用を

事例から学ぶ、クラウド・仮想環境でのバックアップとリストア

IT基盤構築において避けることができない仮想化。そこで新たに浮上したのが、ストレージ環境とデータバックアップの問題だ。システムを集約することによるリスクとトラブルのインパクトを考えてみる必要がある。


Webキャスト

一長一短のクラウドからの脱却。検証から裏付けられたベストな方法とは?

専用インフラと同等の「セキュアな分離」、そしてクラウドの利点である共有リソースの柔軟な管理。相反する事柄の両立は可能だろうか。VMware、Cisco、そしてNetApp──仮想化技術をリードしてきた3社がvSphere 4の特性を生かしながら描く、次世代基盤構築のシナリオを紹介。


ホワイトペーパーバックナンバー

VMware vSphere 4で稼働したExchange Server、SQL Serverなどのパフォーマンス検証結果

VMware vShpere 4を仮想化プラットフォームとして、各Windows アプリケーションを実装したシステムをプロトコル別にそのパフォーマンスを検証する。


押さえておきたいデスクトップ仮想化導入ガイド 〜VMware View編〜

Windows XPからWindows 7への移行期への対応だけでなく、セキュアなモバイル環境の構築や、運用負荷低減の切り札として注目されるデスクトップの仮想化。VMware Viewのためのシステム導入方法を紹介する。


VMware、Cisco、NetAppが贈る、クラウド環境における3年後の課題を今解決する方法とは?

コスト削減の切り札とされるクラウド化。しかし、セキュリティやサービスレベルの低下というリスクも否定できない。では、どうしたらいいのだろう。仮想化技術をリードしてきた3社のパートナーシップがその最適解を導く。