2010年07月16日 00時00分 UPDATE
PR

NRIのSaaS型サービスデスク製品“SaaS版”Senju Service ManagerでスモールスタートするITILプロセス導入

NRIのサービスデスク支援ツール「Senju Service Manager」のSaaS版により、ITILプロセスを小さく生んで大きく育て、企業内に根付かせることができる。

[ITmedia]

 サポートの業務量は増しているが、プロセスやルールを明確化している企業は依然少ない。IT運用のベストプラクティスとして知られるITIL(Information Technology Infrastructure Library)によりサポート業務を最適化すべきだろう。

 ITILといえば、基本的には全体最適を目指してプロセスの設計・実行・改善を行うが、現実問題としてビックバン導入は難しい。小さなPDCAサイクルを繰り返しつつ、少しずつITILプロセスの適用範囲を広げるスモールスタートでのぞむべきだろう。

 野村総合研究所のサービスデスク支援ツール「Senju Service Manager」のSaaS版は、導入ハードルの低さ、画面カスタマイズの容易さ、柔軟なワークフロー機能により、そうしたスモールスタートによるITILプロセス導入に適している。

提供:株式会社野村総合研究所

提供:株式会社野村総合研究所
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部