Loading
2010年07月26日 16時00分 UPDATE
PR

文書のセキュアな流通と保存を実現する「Adobe Acrobat 9」Adobe Acrobatで実現する文書単位のガバナンスと共同作業の効率化

生産性を優先するためとはいえ、情報漏えいの危険性を放置しておくわけにはいかない。エンドユーザーの業務の効率化を進めながら、情報漏えいの危険を回避するにはどうすればよいのだろうか?

[ITmedia]

 社内で毎日大量に作成される文書。社内外でやりとりされる電子メールに添付された文書には、情報漏えいの危険が潜んでいる。そして、企業で日々作成される文書のほとんどは非定型文書であり、文書共有の煩雑さが現場業務を阻害している。

 かつての企業は、これらの課題を大規模なワークフローの導入や、導入済みのグループウェアをカスタマイズすることで解決してきた。しかし、その後も成長し続けた企業は、「肥大化した情報システムの運用コスト」という別の課題に悩まされることになる。

 これからを担う企業は、過去の企業と同じ轍(てつ)を踏まないために「ガバナンスを効かせるのはシステムでなく、情報そのものである」という視点に立ち戻るべきだ。文書の「保存」だけでなく、文書の「流通」までをも考え、かつ従業員の生産性を考えるとき、選ぶべきツールは何だろうか。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「アドビ システムズ 株式会社」に収集される
  • 「アドビ システムズ 株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アドビ システムズ 株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:アドビ システムズ株式会社

提供:アドビ システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部