2010年07月27日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSエス・アンド・アイが中堅・中小企業向けに仮想デスクトップのクラウドサービス、月額5800円から

エス・アンド・アイは、中堅・中小企業向けに、仮想デスクトップ、クラウドサービスを提供する。2010年9月からサービスを開始、月額料金は5800円からとなる。

[TechTargetジャパン]

 エス・アンド・アイは7月26日、数十〜数百台規模のクライアントPCを所有している中堅・中小企業向けに、インターネット経由でクライアントPCの仮想デスクトップ環境を提供するクラウドサービス「Active Desktop Cloud」を2010年9月より開始すると発表した。2012年までに仮想デスクトップ1万台の提供を目指す。

 Active Desktop Cloudは、エス・アンド・アイの仮想化技術を応用し、クラウド上のデスクトップ環境に、オフィスのPCやモバイル環境、自宅のPCから自在にアクセスできる。必要なときに必要な数だけ柔軟にデスクトップ環境を利用できるほか、クライアントPCの運用管理支援や情報漏えい対策も行えるという。

 サービス料金は月額・従量課金とし、5800円(税別)からとなる。利用可能なOSはWindows XP、Windows Vistaで、Windows 7には対応予定。クライアントアプリケーションは、ユーザー保有のアプリケーションが利用できる。また、エンドユーザーサポート、USBメモリブートといったオプションメニューも用意する。さらに、セキュリティ認証機能やシステム管理トレーニング、ユーザー向け運用設計支援にも個別対応する。

 Active Desktop Cloudは、日本アイ・ビー・エムが推進するパートナー向けクラウドビジネスモデル「SOP」に対応しており、SOPのパートナー企業からも提供される。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...

news118.jpg

GDPR対策もリアルタイムマーケティングも、まずデータ統合から Tealium幹部が語る
2018年5月25日、いよいよ欧州でGDPR(EU一般データ保護規則)が施行される。企業はこれに...