2010年08月10日 19時00分 UPDATE
連載ミドル

SMB向け業務パッケージ紹介

中堅・中小企業の業務パッケージにおいては、機能面での差別化が難しくなってきた。そんな中、サービス、手軽さ、拡張性などで工夫を凝らし、ベンダー各社はしのぎを削っている。本連載は、自社に最適なパッケージ選びの一助になるはずだ。

[ITmedia]

財務会計編

クレオ

徹底した内製化で経理業務を属人性から解放する「ZeeM 会計」

業務が属人化し決算などの繁忙期に適切な分担ができないなど、業務の標準化と平準化に関して構造的課題を抱える財務・経理部門。「ZeeM 会計」は、経理業務の効率化、高付加価値化でその複雑さを解消するという。


ミロク情報サービス

税理士、会計士も納得のコンポーネント型財務会計システム「MJSLINK II 財務大将」

税理士・公認会計士事務所から圧倒的な支持を得ているミロク情報サービスの業務用アプリ。中でも「MJSLINK II」は国内の中小企業向けERP市場でトップシェアの売り上げを誇るという。その強さの秘密とは?


弥生

HDD復旧も支援 “パッケージ外サポート”も注力する「弥生会計 10」の独自戦略とは

中小企業や個人事業主の事業の立ち上げと業務インフラとなるべく、20年以上もさまざまな業種・組織で使い続けられてきた「弥生シリーズ」。その中心的製品である「弥生会計 10」の独自の戦略とは何か。


人事・給与編

マインド

無償提供、カスタマイズも容易なOSSの業務パッケージ「MosP」

マインドがオープンソースで公開する「MosP」。業務パッケージを事前に評価してから導入したい、汎用のパッケージでは自社の業務に合わないので自社でカスタマイズしたいという企業にはぴったりのシステムといえる。


ユーフィット

人事管理と給与業務をオンデマンドで一元処理 SaaS型人事・給与「Quefit ZeeM」

業務パッケージで中小企業が不安を感じるのは、導入から運用までユーザー自身が自己責任の下で行わなければならないこと。しかし、ユーフィットのSaaS型人事・給与サービスなら事情は違ってくる。


ピー・シー・エー

SaaSにも対応、進化し続ける業務パッケージ「PCA給与9 V.2R7/人事管理9 V.2」

ビデオ会議では、相手の空間にあるものを直接指し示すことが難しい。伝えやすそうで伝えにくい「これは何?」を簡単にできるようにしたソニー製品には、同社が培った映像技術力が発揮されている。


カシオ

“人財”の発掘は正確な人事管理から――「ADPS 人事統合システム」

中堅・中小企業向けに特化した業務パッケージを取り上げる本連載。まず企業の人事・給与管理業務を効率化する製品を取り上げ、業務改善に結び付く特徴や先進的な機能を紹介していく。


関連記事

ERPの導入でつまずかないために

SMBの賢いERPパッケージ選び

中堅・中小企業市場においても競争力向上を目指しERP導入促進の機運が高まっている。一方で、導入後にギャップやトラブルを抱えるケースも少なからずあるという。ERPの導入でつまずかないための指針とは?

Loading