2010年08月19日 00時00分 UPDATE
PR

高信頼と拡張性で基幹システムの仮想化も現実にクラウドの発展を支えるVMware vSphere 4とインテル® Xeon® プロセッサー 7500番台の強力タッグ

仮想化技術の導入が加速して いる。1つの方向性は大規模仮想環境を活用したERPパッケージなど基幹システムでの利用だ。最新の仮想化ソフトウェアと、最新プロセッサーの強力なタッグがそのIT基盤を支える。

[ITmedia]

基幹システムの仮想化が現実的に

 仮想化技術が小規模な特定アプリケーションやテストサーバ、Webサーバなど、部分的な サーバ統合に利用されてきた時代は急速に過去のものになりつつある。仮想化技術の開発で業界をリードしてきたヴイエムウェアのテクノロジー アライアンス部長 森田徹治氏は、「日本では仮想化をITの基本ポリシーとする企業が2009年後半から見られるようになってきた。プロジェクトが大きくなり、会社として全体で利用するケースが増えてきた。数千台のサーバ仮想化や、企業の基幹システムを仮想化する案件も出てきた」と企業の動向を解説する。

 仮想化技術の大規模利用が増えてきた背景には、仮想化技術への企業の理解が進んできたことと同時に、ソフトウェアやハードウェアの進化がある。まずはソフトウェアの進化から見てみよう。