2010年08月26日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS古典的な脆弱性が潜む組み込み機器のセキュリティを強化――FFRが独自の検証ツールを発表

組み込み機器のネットワーク化が進む中、懸念されるのがセキュリティの問題だ。FFRでは、開発機器の脆弱性を検知できるツールを発表。危険性を呼びかける。

[上口翔子,TechTargetジャパン]
画像 「FFR Raven」

 フォティーンフォティ技術研究所(以下、FFR)は8月25日、組み込み機器向けのセキュリティ検査ツール「FFR Raven(エフエフアール レイブン)」を発表した。組み込み機器を開発する企業などに向けて同日より提供を開始。機器に潜む脆弱性を出荷前に検知、セキュリティレベルを強化できるとする。

 スマートフォンやテレビなど、ネットワーク化が急速に進む組み込み機器だが、セキュリティ面では、開発段階での対策、体制が確立されていないのが現状だ。FFR 代表取締役社長の鵜飼裕司氏は、「従来の組み込み機器は、ネットワーク接続を考慮していないため、開発工程で効果的なセキュリティテストが行われてこなかった。今後、情報家電などを通じたインターネット接続は確実に増加する。製品の提供者が想定していないような外部からのアクセスや利用形態など、セキュリティの課題が表面化するだろう」と懸念点を述べる。

 FFR Ravenは、悪意のある攻撃や異常な入力に対し、検査対象機器が正常に動作し続けられるか、機器の堅牢(けんろう)性をテストするツールだ。脆弱性発見の専門家が考案した検査アルゴリズムにより、脆弱性を誘発する可能性がある約200パターンの異常なパケットの組み合わせを自動生成(Fuzzing)し、定期的に正常なデータも含めながら機器に送信し続けることで、対象機器の反応を監視する。バッファオーバーフロー、整数オーバーフロー、フォーマットストリング、off-by-one、読み込み境界未チェック、異常リソース消費、サービス妨害など、多数の脆弱性を発見できるという。

画像 FFR Ravenで行うテストの概要

画像 操作画面。Windows XP、Vistaの各エディションに対応。一度インストールすれば、検査対象のIPアドレスを入力して検査項目を選択するだけで簡単に検査できるという

 またFFRでは、パートナー企業と共にFFR Ravenを活用したサービスも提供する。FFR Ravenで未知の脆弱性が発見された場合に、分析結果の調査や回避方法などを検討、専門家による支援策を提案するという。パートナー企業はイーソル、サイバーディフェンス研究所、NRIセキュアテクノロジーズ、ベリサーブなどいずれも組み込み機器の検査で定評のある企業が名を連ねる。

画像 鵜飼氏

 ライセンス価格(企業単位の契約)は、PC3台までの利用で1カ月50万円。既にソフトバンクモバイルでの導入が決定しているという。

 鵜飼氏は、「攻撃者にとって、組み込み機器は古典的な脆弱性を含む宝の山。攻撃対象にされないよう、品質の確保が必要だ」と組み込み機器のセキュリティ強化を呼びかけた。FFR Ravenには、日本語で書かれた詳細なマニュアルのほか、ユーザーや開発元へ向けたリポート作成のテンプレートが用意されている。パケットを送信する根拠が詳細に書かれたマニュアルからは、業界全体での意識・理解度向上にも配慮した同社の意図が見られる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...