Loading
2010年09月10日 07時00分 UPDATE
PR

「Tripwire Enterprise 8.0」をWebキャストで解説変更を可視化し、高いセキュリティレベルを維持し続けるための「3つの要素」

企業のセキュリティレベルは、高めるだけでなく維持することが重要だ。情報システムがますます複雑化する中「変更管理・変更監査システム」は、負荷の大きくなるIT全般統制の効率化に大きな効果を発揮する。

[ITmedia]

 情報システムのセキュリティを維持するためには、複数の手段を組み合わせて対策を実行する必要があります。セキュリティのレベルをいかにして高め、そして日々、高めたレベルを維持していくのか。3つのポイントをひも解くと、その答えが見えてきます。

  1. 「守る」企業のセキュリティポリシー順守状況について診断、把握する。
  2. 「検知する」整合性の監視で、不正や意図しない変更を発見する。
  3. 「訂正する」コンフィギュレーションに誤りが発生したら、迅速に直す。

 本Webキャストでは、これらの要素を効率的に実現する『Tripwire Enterprise 8.0 Universal版』のソリューションを解説しています。

※会員限定でWebキャストのフルバージョンをご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「トリップワイヤ・ジャパン株式会社」に収集される
  • 「トリップワイヤ・ジャパン株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「トリップワイヤ・ジャパン株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:トリップワイヤ・ジャパン株式会社

提供:トリップワイヤ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部