Loading
2010年09月22日 00時00分 UPDATE
PR

データ可視化からデータマイニング、予測、最適化まで企業を成長させる「データ分析入門」

分析は一度実施したらそれで終わりではない。エキスパートによると、分析には8つのステップがあるという。それを繰り返し行い続ける企業が、分析を成長の武器へと変えることができるのだ。

[ITmedia]

 「『予見力』で学ぶ、データの本質──分析を武器にする企業とは」では、分析を武器にする先進企業の強みを解説した。ではそれらの企業は、どのように分析レベルを向上させ、多様な分析手法を業務や経営管理の改善に役立てているのだろうか。

 SAS Institute Japan マーケティング本部 ソリューションマーケティンググループ 担当部長の畝見 真氏は、「企業の分析レベルは、定型・非定型のリポーティングやOLAP、統計解析、データマイニングなど活用する分析手法と目的により、8つのステップに分類できる」と指摘する。本稿では畝見氏への取材を基に、「企業を成長させる分析の8ステップ」を解説するとともに、高度なデータ分析の活用ケースを紹介する。



TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「SAS Institute Japan株式会社」に収集される
  • 「SAS Institute Japan株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「SAS Institute Japan株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:SAS Institute Japan株式会社

提供:SAS Institute Japan株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部