2010年11月02日 21時30分 UPDATE
ニュース

NEWS富士通、無床診療所向けレセコン一体型電子カルテシステム

富士通が医事会計機能を搭載した無床診療所向け電子カルテシステムを販売。医療事務と電子カルテ機能を一体化することで、診療所業務の効率化を支援する。

[TechTargetジャパン]

 富士通は11月2日、医療事務一体型電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-RX」の販売を開始した。HOPE/EGMAIN-RXは、受付から診療、会計・レセプト作成までの業務に対応する電子カルテシステム。医師は診察室内で患者の来院状況の確認やレセプト点検を実施でき、また事務スタッフは会計確認中に診療情報を参照することが可能になる。

 同社では、診療情報やレセプト(診療報酬明細書)を電子化することで医師と事務スタッフ間での迅速な情報共有を可能にし、診療所の業務を効率化できるとしている。さらに、富士通の地域医療ネットワークシステム「HOPE/地域連携」との連携機能を標準搭載しており、病院と診療情報を共有機能できるなど地域医療の質の向上を支援するという。

photo HOPE/EGMAIN-RXカルテ作成画面《クリックで拡大》

 HOPE/EGMAIN-RXには、日々の診療で入力した所見 が文例として蓄積され、次回の入力時に文例候補として自動表示する機能や、病名・行為登録で入力内容に応じて候補を自動表示する機能などが搭載されている。また、画面に表示される文字サイズの拡大や縮小なども可能。さらにカルテ入力作業を軽減する統合入力ツールといったさまざまな入力補助機能を活用できる。

 HOPE/EGMAIN-RXは、富士通の医事会計(レセコン)システム「HOPE/SX-R」から移行することも可能(有償サービス)。HOPE/EGMAIN-RXの販売価格は190万円から(税別)。

関連ホワイトペーパー

富士通 | 業務改善 | 帳票 | 業務プロセス | 経営


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...