2010年11月17日 22時41分 UPDATE
ニュース

NEWSクラウドERP「NetSuite」に最新版、グローバル対応強化

ERP機能をネットワーク経由で提供するNetSuiteに最新版が登場した。企業のグローバル展開を支援する機能などを追加。クラウドERPのより広範囲な活用が可能になる。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 ERPパッケージの機能をネットワーク経由で提供する「クラウドERP」のネットスイートは11月16日、「NetSuite OneWorld」の最新版を発表した。経営管理機能の最新版も提供する。ネットスイートの代表取締役社長 田村 元氏はオンプレミス型ERPのライセンスコストや保守コストに不満を持つ企業にNetSuiteが受け入れられているとして、「日本でのビジネスは順調だ」と話した。

 NetSuiteの最新バージョンではユーザーインタフェースを刷新し、必要な情報をより見つけやすくした。デザインや配色についてもユーザーが親しみやすいようにしたという。

画像 NetSuite OneWorldのCEOダッシュボード画面
画像 NetSuite OneWorldの子会社間の在庫転送画面

 また、経営管理機能を提供する「NetSuite OneWorld Release J 2010」では、グローバル対応可能な在庫管理機能を新たに追加。Webブラウザの操作で、海外を含めた子会社の在庫を移動させることができるという。また、税制対応も強化した。従来の米国、イギリス、オーストラリア、日本に加えて、ドイツやオランダなどの税制に対応した。複数のローカル税制に対応できる。

 ネットスイートはNetSuiteユーザー向けのワークフロー管理サービス「SuiteFlow」も発表した。複雑なビジネスプロセスの作成とカスタマイズが可能で、NetSuiteとほかのアプリケーションとの連携が行いやすくなるという。

関連ホワイトペーパー

ERP | 経営 | 在庫管理 | SaaS | ワークフロー


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

「AIアナリスト」、Webにおけるコンバージョンを売り上げとひも付ける機能追加
WACULは、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」にWebサイト上のコンバージョンと売り...

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...