2010年12月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

中堅・中小企業向けグループウェアSaaS探究:ソーシャルグループウェアメジャー製品からの乗り換えも ユーザー参加型で機能進化するグループウェア「iQube」

ソーシャル色の強い「iQube」。グループウェアSaaSであるとともに、社内外の多様なシステムとの連携を前提に開発されたプラットフォームとしての性格も持つ、「エンタープライズ2.0スイート」ともいえるサービスだ。

[富永康信,ロビンソン]

エンタープライズ2.0の要素を取り込んだ「iQube」

 ひところ頻繁に話題となったWeb 2.0。そのネット上の双方向による情報表現の仕組みや技術を、企業の情報システムにも積極的に応用しようと提唱されたエンタープライズ2.0のムーブメントは、言葉のブームが過ぎ去った現在でもその有効性が認められ、着実に浸透し続けている。その最たる例がグループウェアではないだろうか。

 ガイアックス傘下のソーシャルグループウェアが提供するSaaS(Software as a Service)型グループウェア「iQube(アイキューブ)」は、まさにエンタープライズ2.0の要素を無理なく取り込んだサービスの好例といえる。その最大の特徴は、Web 2.0の技術を取り入れた情報アクセシビリティと、直感的な操作性を重視するユーザビリティにある。

 また、業界では後発であるにもかかわらず、短期間で老舗グループウェア製品と遜色(そんしょく)ないレベルに機能向上した背景には、「リクエストフォーラム」と呼ばれる、ユーザーを巻き込んだ機能改善活動の存在がある。操作性や新機能のリクエストを常に募り、そのテーマに対してほかのユーザーが評価する/しないの意志表示を投票することで、2009年実績では毎月1.5回のペースで機能のアップデートが実行されている。そこには、iQubeの製品としての一貫性を保ちながら、ニーズの高い機能を徹底して追い求める開発姿勢がある。

 現在もカタログを印刷する間もないほどの早いペースで機能改善・拡張がなされている同製品だが、現時点での代表的な機能群を目的別に紹介しよう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティングに参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...

news088.jpg

電通と日本マイクロソフト、視線検知を活用した人工知能型屋外広告を提供開始
電通と日本マイクロソフトは、リアルタイムオーディエンス分析と視線検知によるインタラ...

news085.jpg

ぴあ、「PIA DMP」とGoogle「DoubleClick Bid Manager」を連携したコンサルティングサービスを提供
ぴあは、DMPサービス「PIA DMP」において、Googleが提供するデジタル広告プラットフォー...