2010年12月09日 15時00分 UPDATE
PR

仮想化のメリット/デメリットを無料診断仮想化の診断から始めよう! プライベートクラウドへの第一歩

仮想化が自社に適しているかを客観的な指標で診断する「仮想化コスト診断サービス」。仮想化に興味はあるもののなかなか導入に踏み出せないという情報システム部門担当者にとって注目のサービスだ。

[ITmedia]

 クラウド元年と言っても過言ではない2010年……。仮想化技術は全社的な導入までいかなくとも、だんだんと企業に導入され始めている。「仮想化」「プライベートクラウド」といった言葉もメディアから絶えず発信されている。

 しかし情報システム部門担当者の立場で言えば、「仮想化」は気になるものではあるが、なかなか手を出しづらい対象ではないのか。

 さて、その仮想化に関して情報システム部門担当者の背中をそっと押してくれるサービスが登場した。その名もクラウド テクノロジーズが提供する「仮想化コスト診断サービス」である。仮想化コスト診断サービスはクラウド テクノロジーズが提供する「仮想化支援サービス」の初期ステップに当たる。仮想化に掛かるコストを診断した上で、評価報告書(机上評価、実環境評価)も提供してくれる。

 仮想化に興味はあるもののなかなか踏み込めなかった情報システム部門 担当者や、コスト削減・適正化を検討している経営者層にうってつけのサービスであることを強調したい。

 本稿では、仮想化コスト診断サービスについてサービス提供の経緯を含め紹介する。評価報告書(机上評価、実環境評価)のサンプルもお見せするのでぜひ参考にしていただきたい。

提供:株式会社 クラウド テクノロジーズ

提供:株式会社 クラウド テクノロジーズ
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部