2010年12月14日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSF5、クラウド連携を強化したファイルストレージ仮想化新製品

F5がファイルストレージ仮想化製品のラインアップを拡充。クラウドサービスとの連携や仮想アプライアンスによる中小規模システムへの適用など、事業範囲の拡大を目指す。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 F5ネットワークスジャパンは12月9日、ファイルストレージ仮想化製品群「ARXシリーズ」に2つの新製品を追加した。2011年初旬に販売を開始する。

 ARXは、企業内のNAS環境を一元管理する統合ディレクトリを構築し、その運用管理の自動化などを実現するファイルストレージ仮想化スイッチ。NFS、CIFSなどをサポートする。今回発表された新製品は、クラウドストレージサービスとの連携を可能にするソフトウェア「ARX Cloud Extender」、仮想アプライアンス製品「ARX Virtual Edition」の2つ。

photo ARX Cloud Extender構成図

 ARX Cloud Extenderは、既存システムとプライベートクラウドやパブリッククラウドなどの外部環境を仮想的なストレージプールに集約し、そのデータアクセスを容易にするソリューション。ストレージ自動階層化機能によって、既存システムとクラウドストレージ間のデータ移行を制御ポリシーに従って実施することが可能。「Iron Mountain VFS cloud storage」「Amazon S3」「NetApp StorageGRID」の3つのクラウドサービスをサポートし、今後さらに対応サービスプロバイダーを拡充する予定。

photo 米国F5 Networksのウッド氏

 米国F5 Networksのデータソリューションズ プロダクトマネジメント ディレクタ、チャック・ウッド氏は「ARX Cloud Extenderはクラウドストレージの入り口として機能を果たす」と説明。現在、既に暗号化機能が搭載されているが、ミラーリングやフェイルオーバー、データ圧縮/重複排除機能など、その機能を順次拡張していくと語った。

 ARX Virtual Editionは、中小規模企業などの小規模な単位でのファイルストレージ仮想化環境を実現するソフトウェア。汎用サーバを活用することで通常のARXアプライアンスよりも低コストでファイルストレージ仮想環境を実現する。トライアル版、製品版、OEM版の3種類が用意されている。

photo F5ネットワークスジャパンの長崎氏

 また、既存のファイルサービスAPI「F5 iControl」をサードパーティー製品に組み込めるように無償で提供開始することも発表した。

 F5ネットワークスジャパンの代表取締役社長 長崎忠雄氏は「多くの企業はいきなりクラウド環境に移行することはできない。既存資産を活用してファイルデータの管理を効率化するソリューションを提供していく」と語る。今回の新製品の投入で、中小規模の企業までターゲット層を広げ、「2011年度のARX事業の売り上げを前年度比2倍、顧客数を同3倍まで拡大する」という目標を掲げた。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

電通パブリックリレーションズが「第2回 企業広報力調査」の結果を発表
電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所は、「第2回企業広報...

news095.jpg

MasterCard、「Pepper」向けデジタル決済アプリケーションの試験運用を開始へ
MasterCardは、人型ロボット「Pepper」向けの初の決済アプリケーションによるの試験運用...

news080.jpg

石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援した...