2011年03月01日 00時30分 UPDATE
info Center

チャンス到来! 「ソフトウェア」をエンジンに日本企業は再加速する!

今、企業は組織・業務を根本から見直す、再生への改革と情報システム基盤の効率化、そして情報から優れた洞察を得るための変革を迫られている。ここで、日本企業を再生するソフトウェア製品群を紹介する。

[ITmedia]

注目のコンテンツ

日本アイ・ビー・エム株式会社

サービスマネジメント導入支援ツール「IBM Tivoli Unified Process」

IBM Tivoli Unified Process(ITUP)は、ITILをはじめとするITサービスマネジメントの各種フレームワークを統合し、Webブラウザー参照可能にしたリファレンス・ツールです。


日本アイ・ビー・エム株式会社

Tivoliソリューション総合カタログ

ビジネス目標を達成するための基盤となるIBMインテグレーテッド・サービスマネジメント


日本アイ・ビー・エム株式会社

IBM Global CEO Study 2010 Japan Report 日本企業の特徴

「IBM Global CEO Study」は、IBM戦略コンサルティング・グループ(Strategy & Transformation)とIBM Institute for Business Valueとが、2年ごとに実施している調査である。


日本アイ・ビー・エム株式会社

世界の仕組みを変革するソフトウェアとは、どのようなものか?

IBMが提唱している「賢い地球」Smarter Planet。実は、これを実現するカギはソフトウェアにあった。IBMが提唱する「Smarter Software for a Smarter Planet」は、どのように世界を変革するのか?


日本アイ・ビー・エム株式会社

成功事例に見る“スマートなコラボレーション”による経営革新

コスト削減、生産性向上、パートナーシップ/イノベーション強化。4つの業務課題をいかに実現するか。IBM Lotusソリューションの導入事例を基に、効果的なコラボレーションが生み出す価値を紹介する。


日本アイ・ビー・エム株式会社

情報漏えいを防ぐためにデータベースセキュリティを実現する8つのベストプラクティス

顧客データなどの機密情報を格納するデータベースは、企業活動のコアであるとともに社内外からの不正なアクセスや攻撃の最大のターゲットでもある。データベースを各種の脅威から守るには、8つのポイントを押さえることが重要だ。そのベストプラクティスを紹介する。


日本アイ・ビー・エム株式会社

チーム開発を困難にする3つの理由と解決策【書籍全員プレゼント】

ソフトウェア開発の現場において、チーム開発に付随するハードルはいまだに解決されない。チーム開発が困難な3つの理由を明らかにするとともに、それを解決する方法を“ツール”という観点から紹介する。


日本アイ・ビー・エム株式会社

ビジネス環境が様変わりする中、業務に洞察を活かすことが求められている─情報活用に必要な機能を定義する

もはや過去のデータをみるだけでは不十分だ。ビジネスの新たな課題やチャンスに対応するためには、ビジネスに洞察を活かすことがポイントになる。ビジネス・プロセスのいまを可視化し未来を予測するビジネス・アナリティクス(BA)とは?


日本アイ・ビー・エム株式会社

ROIで実証された、予測分析アプローチによる意思決定

常に変動する市場ニーズに対応するには、過去、現在の分析だけではなく、将来何が起こりうるのか、そして何をアクションすべきなのかの一助になる予測分析が不可欠となった。予測分析アプローチの有用性は、IDCが調査したROIの数値からも明確となった。


日本アイ・ビー・エム株式会社

クラウドの迅速な導入・展開のカギはオンプレミス・アプリ連携

“クラウド”が流行の兆しを見せているが、企業のIT環境に組み込むのは容易ではない。既存のオンプレミスアプリケーションと連携・統合することは必須だが、そのためには多大な工数とコストが掛かる。この工数とコストを削減することが、クラウド導入成功のカギを握っている。


日本アイ・ビー・エム株式会社

アナリストに学ぶ、クラウドの効率的な管理と活用を実現する5つのステップ

米アナリスト企業のリポートにより、クラウドへの最適化された投資を実現する5つのステップが明らかになった。各ステップの考え方や検討事項を詳述するとともに、その実現をサポートするIBM Tivoli製品群がどのように寄与するかを紹介する。