Loading
2011年01月14日 00時00分 UPDATE
PR

詳細リポート:Oracle Systems Innovation Summit最新システムが実現する俊敏な経営とビジネスパフォーマンスの変革

ビジネスアプリケーションを高速処理し、経営判断を迅速化する高性能な基幹システムを求める企業が増えている。ハイパフォーマンスは次世代のシステムに欠かせない要素といえるだろう。その姿が見えてきた。

[ITmedia]

 不透明感が増す経営環境の中、企業は生き残りと、新たな成長のためにビジネスモデルやビジネスプロセスを常に見直し、変更する必要が出てきている。ビジネスモデルやビジネスプロセスの変更には当然、その基盤となるITシステムの見直しも必要となるが、多くの企業が悩んでいるのもそのITシステムだ。

 企業が悩むのは基幹システムの遅さだ。ビジネスアプリケーションの処理に時間がかかり、リアルタイムでデータを確認できないという企業が多い。低いパフォーマンスの古いシステムではビジネスアプリケーションが出力する大量データの扱いは難しい。これまでの夜間バッチ処理では、経営判断が遅れる。企業はリアルタイムでデータを処理し、即座に経営判断ができるような高性能な基幹システムを求めている。

 俊敏な経営判断のための高性能システムと同時に、高信頼で止まらない基幹システムも望まれている。基幹システムの重要性を考えるとメンテナンスのための計画停止時間もできるだけゼロにするのが望ましい。同時にクラウドコンピューティング技術を活用した柔軟で、低コスト、そして短期導入できるという基幹システムが必要になっている。

 これらは次世代基幹システムが備えるべき要件といえるだろう。どのように実現するのか? 次世代システムの姿が語られたイベントの詳細をリポートしよう。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

個人情報の利用許諾について

本アンケートは、弊社の新製品/サービス/キャンペーン/イベントの企画・開発の目的に利用させていただきます。また、ご提供いただいた個人情報は、日本オ ラクルならびに米国Oracle Corporation及びその子会社、関連会社がイベント/セミナー・製品/サービスに関するご案内を行うために利用させていただきます。

日本オラクルからの案内を希望される方のみ、アンケート最下部の「同意して閲覧する」ボタンを押して下さい。


日本オラクルから各種のご案内を希望されない方は、当コンテンツを閲覧することができません。

  • 以前より情報をご提供いただいている場合、今回ご提供いただいた情報を最新の情報としてデータを上書きさせていただきます。
  • 「個人情報保護基本方針」及び「『個人情報の保護に関する法律』に関する公表事項」は、下記URLよりご覧いただけます。
  • 日本オラクル株式会社 http://www.oracle.co.jp/privacy.html

    Q1. オラクル製品と貴方の関係をお聞かせください。(必須)
    Q2. ご担当されている業務に関連して、システム導入/製品選定に対する役割をお聞かせください。(必須)
    Q3. 現在、システムの導入・拡張・入替えを検討されていますか。(必須)
    Q4. 導入・拡張・入替えを検討されているシステムの領域についてお聞かせください。(必須)

    Q5. 取り組み状況に関してお聞かせください。
    Q6. 製品選定の決定時期についてお聞かせください。
    Q7. 検討対象のシステムの主なOSは何でしょうか。

    Q8. 検討対象のシステムの主なベンダーはどちらでしょうか。

    Q9. お使いのオラクル製品についてお聞かせください。
    Q10. 閲覧に際し、冒頭の個人情報の利用許諾についてご確認ください。(必須)

    提供:日本オラクル株式会社

    提供:日本オラクル株式会社
    アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部