2011年01月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ERP成功のヒント【第4回】ERP導入フェーズで欠かせないユーザー部門参加の極意

ERPパッケージの選定が終わった後に開始されるERPの導入フェーズ。そこで重要になるのがユーザー部門のプロジェクト参加だ。当事者意識を持ってもらい、積極的にかかわってもらうにはどうすればいいのか。

[五島伸二,アドバ・コンサルティング]

 前回まではIT部門から見たERPパッケージの選定について説明した。今回から3回にわたって、ERP導入フェーズにおけるポイントを同じくIT部門の視点で説明する。

導入フェーズの概要

 計画フェーズにおいてERPパッケージと導入ベンダーが決まり、ERPの導入フェーズに入る。下表のBの部分がERPの導入フェーズの作業内容である。導入フェーズは、通常は半年から1年ぐらいのプロジェクトとなるが、グループ会社に順次展開して導入するようなケースだと、2年から3年に及ぶこともある。導入フェーズのプロジェクトメンバーの構成は、計画フェーズに比べるとユーザー部門からの参画メンバーの比率が多くなるのが通常である。

作業フェーズ 作業内容
A.計画フェーズ システム化計画 ・ERP導入目的など、ERP導入の基本的な事項を計画
要件定義 ・ERPに求められるシステム要件を定義
ERP選定 ・システム要件を基礎として、実際にERPパッケージと導入ベンダーを選定
B.導入フェーズ 導入計画 ・導入スケジュール、成果物、プロジェクト体制など導入フェーズの全体計画を策定
要件定義 ・業務要件を詳細に定義し、システムの要件に落とし込む
・プロトタイプによる確認
開発 ・要件定義に沿ったERPシステムの設定
・アドオン開発
テスト ・システムテスト
・運用テスト
ユーザー教育 ・マニュアル作成・エンドユーザー教育
移行 ・既存システムからマスターデータや残高データなどを本番環境に移行する
本番稼働 ・新ERPによる業務運用を開始する

 以下、筆者の経験の中から、導入フェーズをスムーズに進めるためにIT部門が留意すべきポイントをお伝えする。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「アドエビス」が「モニプラ」と連携、ユーザー行動×定性データの施策評価が可能に
ロックオンは、「アドエビス」において、「モニプラ」と連携すると発表した。

news057.jpg

6秒動画に特化した動画広告配信サービス「BumVi」、ジーニーとトレンダーズが提供
ジーニーはトレンダーズと共同で、6秒動画に特化した新しい動画広告配信サービス「BumVi...

news055.jpg

トランスコスモス、Salesforceと連携したレコメンドダイレクトメール「レコレタ」を提供
トランスコスモスは、Salesforceと連携し、顧客セグメントに応じて紙のダイレクトメール...