2011年01月25日 08時08分 UPDATE
ニュース

NEWSユニファイドコミュニケーションのシステム投資、インフラからアプリへの移行が鮮明に

IDC Japanは国内企業のユニファイドコミュニケーションの利用実態調査を実施。会議システムなどのアプリケーションへの投資が加速しているという。

[TechTargetジャパン]

 調査会社のIDC Japanは1月24日、国内のユニファイドコミュニケーション(UC)市場に関する調査リポートを発表した。同社は従業員10人以上の企業820社を対象に利用実態調査を実施、UCへのシステム投資がインフラからアプリケーションへとシフトしているという。

 今回の調査によると、VoIP(Voice over IP)システム/サービスを自社の音声基盤として利用する企業ユーザーは55.6%と、2009年調査における54.4%と比較してほぼ横ばいの結果となっている。また導入動機として、「コスト削減」を挙げるユーザーが多数を占めている。

画像 国内企業のUCアプリケーション/機能導入状況《クリックで拡大》

 一方、アプリケーションについて、電話会議/Web会議/ビデオ会議を含むIP会議システムを導入しているユーザーは27.8%となり、前回調査時から8.6%増と比率が大きく上昇した。また、「プレゼンス機能」「ユニファイドメッセージング」「業務アプリケーション連携」といった機能の導入率も継続して増えている。これらの結果を基に同社は、ユーザーのUCシステムへの支出が、インフラからアプリケーションへとシフトしつつあるとみている。

 さらにUCソリューションの提供ベンダー、販売チャンネルに対しては、「IT投資額増加が見込めない市場環境において、ビジネスの革新を喚起する提案、モバイルやソーシャルメディアとの連携の開発が必要」と分析する。

関連ホワイトペーパー

IT投資 | ビデオ会議 | VoIP


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...