2011年01月31日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IT部門の役割とは?IBMのCIOが語るITリスク管理、モバイル端末セキュリティ(後編)

IBMのパット・トールCIOに、iPadやスマートフォンの導入状況や、ビジネス目標、同社におけるCIOの役割などについてインタビューした。

[TechTarget]

 前編に引き続き、米TechTargetが米IBMのCIO パット・トール氏に聞いたIBMにおけるCIOの役割の進化や、ITリスク管理の面で同氏が懸念している問題、同社内のアプリケーション開発やモバイル端末のセキュリティ対策について、インタビュー形式でお伝えする。

―― IBMは積極的なビジネス目標を設定しており、それらはIT部門にとって重要課題となります。その1つが、2010年度に11ドル、2015年度に20ドルの1株利益を達成するというものです。2010年度については11ドル42セントで目標をクリアしています。IT部門はこれらの目標の達成にどのように貢献していますか。

トール われわれは、2010年度の1株利益は11ドルを上回る見通しであることを発表しました。2015年度の目標達成へのロードマップでは、内部成長と買収が大きな柱となっています。しかし、生産性向上や自社株買い戻し、年金プランの見直しといった方策も重要です。そこで私は、ビジネス部門と協力してビジネス計画を策定する際には、計画が1株当たりの利益構造にどのような影響を与えるか、1株利益にどれだけ貢献するかを検討するようにしています。われわれのビジネスケース(投資対効果検討書)の内容は、IBMのコントローラーの承認を経た上で、われわれのオペレーション計画として具体化されます。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news069.png

Twitter投稿を基に番組視聴者のペルソナを可視化、データセクションのテレビ番組口コミ分析サービスに新機能
データセクションは、テレビ番組口コミ分析サービス「TV Insight」において、ソーシャル...

news058.jpg

アプリ利用者を特定してアンケート調査、「App Ape」と「TesTee」が連携
フラーは、リサーチツールの提供を行うテスティーと共同で、アプリ所持ユーザーや休眠ユ...

news012.jpg

別所哲也氏と考える、ブランディングの必要性を経営者に納得させる方法
「Branded Shorts」をプロデュースする俳優の別所哲也氏と戦略コンサルタントの山口義宏...