2011年02月03日 00時00分 UPDATE
PR

パロアルトネットワークス「PAシリーズ」導入事例イオン九州の事例が証明した次世代ファイアウォールの導入効果

「Web経由の脅威への対応」「従業員のWeb利用の把握・可視化」を課題としていたイオン九州が選択した高コストパフォーマンスのセキュリティ製品とは?

[TechTargetジャパン]

 イオングループの総合スーパー(GMS)事業の一翼を担い、九州全域を事業基盤とするイオン九州。歴史的に地元に根を張る企業として複数の店舗ブランドを持ち、グループ間のシナジー効果やスケールメリットと地域特性に応じた店づくりで「グローカル経営」を推進している。

 同社は、小売業の事業基盤ともいえるネットワークインフラのセキュリティ強化、特にアプリケーション利用の可視化・制御を通じてのリスク管理を目的にパロアルトネットワークスのファイアウォール製品「PA-2020」を導入。コストパフォーマンスの高い対策を実現した。

 本稿では、イオン九州が数あるネットワークセキュリティ製品の中からPA-2020を選択した背景や、実際の導入効果を紹介する。

提供:株式会社日立ソリューションズ

提供:株式会社日立ソリューションズ
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部