2011年02月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

BI製品紹介:日本アイ・ビー・エム「Cognos 10」に見た、ビジネスアナリティクス(BA)を成長戦略に掲げるIBMの本気度

Cognosは最新バージョンのリリースによって、従来のプラットフォームからビジネスアナリティクス(BA)にふさわしい意志決定システムへと進化した。

[富永康信,ロビンソン]

BAの目的はアクションにつなげる洞察を導くこと

 急速なグローバル化や経済構造の転換などに伴い、迅速かつ大胆な経営判断を迫られる現在、日々蓄積し続けるデータを可視化してビジネスの確実性を高めたいと考えるところに、ビジネスインテリジェンス(BI)が求められている理由がある。しかし、単に蓄積したデータを分析し、現状の見える化の鮮度を高めることができても、戦略的に将来の予測を立て、ビジネス施策の実施から効果検証までを把握することは難しい。

 IBMのBIブランドであるCognosシリーズは、その課題に真正面から向き合って、最新版となる「IBM Cognos Business Intelligence v10.1」(以下、Cognos 10)を2010年11月にリリース。過去のデータを対象とした集計や可視化といった従来のBIの枠を超え、リアルタイム情報のモニタリング、シナリオモデリング、予算計画、予測分析力の強化などを可能にしたビジネスアナリティクス(BA)へと機能を拡大した。

画像 「Cognos 10は過去を可視化するだけのBIではなく現在・将来を立体的に見るBA」と語る京田氏

 BI(インテリジェンス)からBA(アナリティクス)へのシフトはBIベンダーのトレンドとなっているが、IBMではアナリティクスを単に「情報を分析すること」と捉えるだけではなく、「ビジネスを把握・掌握すること」と定義している。

 日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業 ビジネス・アナリティクス事業部 Cognosクライアント・テクニカル・プロフェッショナルズ 部長 京田雅弘氏は、「ビジネスプロセスを把握・掌握することで、次のビジネスアクションにつなげるための洞察を、できるだけ早く導き出すことがBAの目的です」と語り、それを実現するのがCognos 10だと強調する。

 では、それを裏付ける各種の機能について見ていこう。前バージョンから引き継いだ機能もあれば、Cognos 10で新たに加わった機能もある。キーワードは、思考(Think)、連携(Connect)、そして実行(Do)だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結...

news082.jpg

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に
SATORIはWebプッシュ通知ツール「pushcrew」の国内展開を行うアッションはSATORIとpushcr...

news071.png

「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン...