2011年02月07日 07時30分 UPDATE
特集/連載

SoC対応Windows 8はタブレットを意識?Microsoft、ARMのサポートとタブレット計画でiPadに対抗

Microsoftにとって最大の課題の1つは、タブレット市場への参入の遅れを克服し、iPadのような強力な製品に対抗することだ。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 Netbookやタブレットといったモバイル端末を必要とする現場担当技術者などのエンドユーザーを抱える企業は将来、ARMプロセッサを搭載した端末でWindowsを利用するという選択肢を手に入れることになりそうだ。

 既に報じられているように、米MicrosoftはWindowsの次期バージョンでARMプロセッサをサポートする予定だ。この動きは、省電力型ARMチップを採用したiPadやNetbook、タブレットなどの端末への需要の高まりを受けたものだ。

 Microsoftのスティーブ・バルマーCEOによると、ARMチップをサポートすることにより、同社はPCのフル機能を提供するタブレット端末に対する需要に応えることが可能になるという。バルマー氏は、先ごろ米ラスベガスで開催されたConsumer Electronics Show(CES)で「システム・オン・チップ(SoC)をサポートするというのは、あらゆるタイプの端末でWindowsのフル機能が利用できるようになることを意味する」と語った(ニュース記事参照)。

 Windowsの次期バージョンは、ARMプロセッサをベースとするSoCをサポートする見込みだ。このアーキテクチャは、米NVIDIA、米Qualcomm、米Texas InstrumentsといったMicrosoftパートナーの端末で採用されている。Microsoftはその一方で、米Intelおよび米AMDとの提携の継続を強調し、x86アーキテクチャをベースとする省電力型SoCデザインをこれらのチップメーカーと共同で開発するとしている。

 SoCは主要なコンピューティングコンポーネントを1個のシリコンチップに統合した技術で、これにより消費電力の低減を実現する。そのため、ARMプロセッサなどのSoCアーキテクチャは、ノートPCよりも小型の端末(タブレットやNetbookなど)に最適なのだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

読売巨人軍がマーケティングプラットフォーム「b→dash」を導入
読売巨人軍が、フロムスクラッチのマーケティングプラットフォーム「b→dash」の導入を決...

news100.jpg

IDOMが挑むモバイルWebサイトの表示速度改善、具体的なノウハウと効果は?
前回に引き続き、中古車買い取り・販売の「ガリバー」におけるWebサイトの表示スピード改...

news087.jpg

WACUL、人工知能を活用したWeb改善ツールに「毎日の成果管理」機能を追加
WACULは、人工知能によるWebサイト分析ツール「AIアナリスト」に新機能「毎日の成果管理...