Loading
2011年02月14日 00時00分 UPDATE
PR

仮想化の課題を解決するソリューション不安・無駄・煩雑――仮想化の導入を阻む3つの課題

仮想化は企業の情報インフラの根幹にかかわるものであり、その導入をためらうのは当然だ。日立のミドルウェア群が、そうした企業の不安を取り除き、最適な運用環境を実現するためのポイントを解説する。

[ITmedia]

 これから仮想化の導入を進めるに当たっては、仮想化「導入前」と「導入後」のフェーズでそれぞれ課題がある。

 仮想化導入前の課題は、「システムをどれだけ統合・集約できるか」である。その中には、「仮想化への移行に必要なリソースをどれだけ見積もればよいか」「業務のサービスレベルを維持することはできるのか」といった課題も含まれる。

 一方、仮想化の導入後は、リソースに無駄が生じるなどで当初想定していたよりもインフラの効率化ができなかったという課題がある。また、障害対応への不安などもあり、運用管理の負荷増大に悩む企業も多い。

 最後の課題は、仮想化の最終的な目標である、業務のリソースのシェアードサービス化だ。その実現のためには一連の煩雑な作業が発生し、手作業ではミスが生じる恐れもある。しかし、それらの問題をクリアし、業務に必要な環境をいかに迅速に提供できるかが重要である。

 以上、3つに大別した課題を解決するソリューションを紹介する。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「株式会社日立製作所」に収集される
  • 「株式会社日立製作所」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社日立製作所」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:株式会社日立製作所

提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部