2011年03月09日 18時00分 UPDATE
ニュース

NEWSNTTデータ、レセプトチェックソフト「レセプト博士」をバージョンアップ

診療所から大学病院まで幅広い医療機関のニーズに対応するために製品体系を刷新。歯科レセプトへの対応も今後予定している。

[TechTargetジャパン]

 NTTデータは3月9日、レセプト院内審査支援システム「レセプト博士」の新バージョン「レセプト博士Neo」を発表した。2011年4月1日から提供を開始する。

 レセプト博士は、2002年から提供しているレセプトの院内審査を自動化するパッケージソフト。同社によると、大規模から中規模の病院を中心に多くの販売実績があるという。今回発表したレセプト博士Neoでは、診療所から大学病院まで幅広い医療機関のニーズに対応するため、「レセプト博士Neo Premium」(中〜大規模病院・急性期病院向け)、「レセプト博士Neo Standard」(一般病院・慢性期病院、有床診療所向け)、「レセプト博士Neo For Clinic」(無床診療所向け)の3つのタイプに製品体系を一新した。

photo レセプト博士Neoの運用イメージ

 また、現行バージョンからチェック速度の改善、ヘルプ表示やガイダンス機能などの操作性の向上、DPC(診断群分類包括評価)機能などの強化を図った。さらに、新機能として、レセプトや返戻データを基にした収益管理に関する各種統計出力・集計の機能や、歯科レセプトなどを追加する予定。同社は、2013年度までに1万ユーザーへの導入を目指す。

関連ホワイトペーパー

文書管理 | 電子カルテ | 業務プロセス | IT投資


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

ホットリンク子会社のトレンドExpressが越境ECサービス「越境EC X」を提供
トレンドExpressは、越境ECサービス「越境EC X(クロス)」の販売を開始した。販売だけで...

news018.jpg

メイドインジャパン製品が好き過ぎるアジアの都市は?――トランスコスモス調査
トランスコスモスは、アジアの主要10都市におけるオンラインショッピングの利用実態を調...

DACがテンセントと戦略的パートナーシップを締結
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムはTencent IBGと戦略的パートナーシップの締...