2011年03月16日 13時41分 UPDATE
ニュース

NEWSディアイティ、OpenSSH混在環境も一元管理できる「Tectia Manager Ver.6.2」

ディアイティは、Tectiaが開発を手掛けるセキュリティ管理製品「Tectia Manager」の新版を発表。5月末に販売開始する。

[TechTargetジャパン]

 ディアイティは、フィンランドの企業Tectiaが開発したセキュリティ管理製品「Tectia Manager Ver.6.2」を5月末に販売開始する。

 Tectia Managerは、企業内システムの一元管理を可能とする製品。セキュリティポリシーの徹底やログ監視、リポート作成など、システム管理者の負担軽減に寄与する。Ver.6.2で、オープンソースのサーバ/クライアント「OpenSSH(Open Secure Shell)」環境に対応。従来のOpenSSH環境では不可能だった設定やログ管理が、Tectia ManagerのWebインタフェース上で利用可能となった。内部統制PCI DSS等で求められるコンプライアンス徹底や監査証跡が容易にできるという。

 価格は480万円(税別、1年のフリーアップグレード付き)から。ディアイティでは一般企業のほか、官公庁や金融機関などに向け販売を計画している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...