2011年03月23日 16時00分 UPDATE
PR

CAサービスアシュアランスソリューション「CA NetQoSシリーズ」サービス化したITに求められるユーザー体験に基づく運用管理

大半の企業はもうITなしでは仕事にならないところまで来ている。止らない・ストレスのないITサービスを実現するために、IT部門やITサービス提供企業にはユーザーの立場に立った運用管理が求められている。

[ITmedia]

 仮想化、クラウド化が進展して、よく“ITはサービスになった”といわれる。しかし、それを運用するIT部門やITサービス提供者は、「サービス業を営んでいる」といえるほどの意識は生まれているだろうか。サービスとしてITを提供するというのなら、真にユーザーの立場に立って考え、ビジネスを止めないためにITを止めないという強い覚悟が必要だ。

 しかし、1アプリケーション、1サーバで完結していた時代とは違い、仮想化、クラウド環境では物理サーバとアプリケーション、ネットワークの関係は複雑に入り乱れている。また組織的にも、IT部門内でインフラ担当部隊とアプリケーション担当部隊がきっぱり分かれ、そのインフラ担当部隊は外部事業者だったりする。そのような中で、真にユーザーの立場に立った「ユーザー視点」でのサービス提供を実現するための方法を考える。

提供:CA Technologies

提供:CA Technologies
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部