2011年03月24日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ファイル仮想化ソフトウェア3製品比較Windowsファイルサーバのスプロール対策で使えるファイル仮想化ソフトウェア

ファイル仮想化をWindowsファイルサーバのスプロール(無秩序な増殖)対策として利用する手法を紹介する。

[Marc Staimer,TechTarget]

 ファイルサーバNAS(Network Attached Storage)を管理したことがある人は大抵、これらの技術のシンプルさと手軽さを気に入っているはずだ。多くの中堅・中小企業(SMB)がこれらを共有ストレージとして利用しているのはそのためだ。皆さんの多くも、これらを「D」ドライブや共有ドライブとして使っていることだろう。

 しかし、多くのファイルサーバをネットワークに追加すると、ファイルサーバのストレージを利用する非構造化データやアプリケーションの管理が煩雑になる。データの負荷分散や、システム間での頻繁なデータ移行が必要になる上、それらを行っても、やはりストレージの利用に偏りが生じてしまうからだ。システムを個別に管理しなければならず、ストレージシステムごとに電力、冷却、インフラのコストが掛かる。また、古いデバイスのメンテナンスは、新しいデバイスよりも頻繁に行う必要があり、コストが高くつく。

 この問題の解決策としては、スケーラブルなNASシステムを購入し、ファイルサーバを集約する方法や、従量課金制のNASサービスを導入する方法がある。だが、ファイル仮想化ソフトウェアを詳しく検討することで、より良い選択肢が得られるかもしれない。Windowsファイルサーバのスプロールに対処するためのファイル仮想化ソフトウェアとして、以下のようなものがある。

関連ホワイトペーパー

サーバ | Windows DRM | Windows Mobile | ストレージ | 仮想化 | NAS


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...