Loading
2011年04月01日 00時00分 UPDATE
PR

x86サーバ仮想化の勘所仮想化の成功にメモリ不足の解消が有効 〜最新アーキテクチャで変革

サーバ仮想化に取り組む企業にとって、CPUの利用率低下は非効率な投資を招く深刻な問題だ。IBMは第5世代のアーキテクチャ「eX5」を開発し、最新の2ソケットx86サーバで変革をもたらそうとしている。

[ITmedia]

 先頃発表されたIT調査会社の発表によると、2010年の国内サーバ市場はリーマンショック以後の景気後退の影響から抜けきれず、依然縮小傾向にある。その中で、仮想化の主役であるx86サーバの出荷台数は3年ぶりの前年比増と堅調な伸びを示しているという。

 投資意欲を支えるのは、拡張性とコストパフォーマンスに優れ、2つのCPUが搭載できる2ソケットタイプのx86ラック型サーバである。データベースサーバやファイルサーバの他、仮想サーバのスタンダードとして広く活用されている。

 しかし、その多くが最適化されていないという実態が浮き彫りになった。米国の調査会社によると、仮に100台のサーバを稼働している場合、一般的にそれらのCPUリソースはわずか10%程度しか使われておらず、残りの9割が有効に活用されていないという。

 その原因には、インテルの技術的革新のスピードが背景にある。この10年で約80〜100倍もの性能向上を達成したCPUに対し、メモリの容量が絶対的に不足しており、2ソケットのCPUのポテンシャルを使い切る前に性能の限界を迎えてしまう。そのため、仮想化でサーバの集約率を高め、CPUの利用効率を上げようとする投資効果も頭打ちの状態にある。

 各メーカーがその打開策に行き詰まりを見せる中、IBMは第5世代Enterprise X-Architecture「eX5(エックスファイブ) アーキテクチャ」(以下、eX5)を開発し、メモリのボトルネック解消に成功。その技術を採用した2Uラック型の2ソケットサーバ「IBM System x3690 X5」(以下、System x3690 X5)が高い評価を受けている。本稿では、eX5とSystem x3690 X5について詳細に見ていこう。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)
Q3. IBMおよびIBMの子会社、関連会社、ビジネス・パートナーはIBM製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りするために提供くださった情報を使用させていただく場合があります。ご希望の方法をお知らせください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

e-メールを既にご希望いただいている方で、今後e-メールでの情報提供の中止をご希望の方は こちら で承ります。


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部