2011年04月01日 09時00分 UPDATE
特集/連載

XenClientのHCLはなぜvProのみ?(後編)クライアント型ハイパーバイザーの課題と選択肢

XenClient 1.0のHCLに登録されているチップファミリーは1種類、vProだけだ。しかし、クライアント型のハイパーバイザーを実行するのにvProは必要ない。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 前編「クライアント仮想化にIntel vProを利用、価格に見合う価値はあるか?」では、なぜハイパーバイザー型のクライアントハイパーバイザーの実行にvProが必要ないかについて説明した。後編では、クライアントハイパーバイザーの現状の課題と今後の選択肢に触れる。

クライアントハイパーバイザーの欠点

 ベアメタル型のクライアントハイパーバイザーのマイナス面の1つは、ノートPCのバッテリー持続時間が約40%短くなってしまうことだ。その理由は、基本的にOSを2つ実行し、セッション全体がRAMの中で処理されるからだ、とマクブリッジ氏。そのため、社外に出る従業員は予備のバッテリーの携帯が不可欠だという。

 同氏によると、もう1つの問題はパスワード認証が2つのレベル、すなわちブートアップ後のログインパスワードとWindowsパスワード認証で行われるため、シングルサインオンの利便性が失われることである。

 しかし、VDIに関してマクブリッジ氏が最も不満に思う点の1つは、いまだオフラインサポートが欠落していることだ。Citrix SystemsとVMwareは2010年、この問題に取りあえず対応した。ところが、Citrix SystemsのType1クライアントハイパーバイザーは欠陥だらけであり、VMwareのType2バージョンも現時点で大きな成功を収めたとは言いがたい。

 XenClient 1.0に関する主な不満は、HCLが非常に限定されていることと、エンドユーザーのマシンに何かをインストールする場合、ITの専門家が手作業で実行しなければならない点だ。これは従業員が自前でPCを用意しなければならない企業では大きな問題になるだろう。

 「自分のマシンにIT部門が何かをインストールするのを喜ぶ人はいない」と、米Gartnerのアナリスト、クリス・ウルフ氏は語る。「HPや米Dellからクライアントハイパーバイザーがセットアップ済みで届くなら、それはそれで構わない。だが、会社のIT部門に自分のマシンをめちゃくちゃにされることをユーザーは望まないだろう」

クライアントハイパーバイザーの選択肢

 バックエンド管理システムを持つVirtual ComputerのXenベースのクライアントハイパーバイザーは、Windows ServerおよびHyper-V上で稼働する。同社は、2010年Intelに買収されたNeocleusとともに、最も早くベアメタル型クライアントハイパーバイザーを提供したベンダーの1社だ。

 Intelは、独自のクライアントハイパーバイザーを出荷するかどうかは明らかにしないだろう。だが、Neocleusの技術を自社のロードマップに統合し、OEMやISV(独立系ソフトウェアベンダー)に提供する計画を検討中であることは明言している。

 Microsoftもまた、Windows 8の一部としてHyper-Vクライアントハイパーバイザーの開発を進めている。仏Microsoftの技術セキュリティディレクター、ベルナール・ウーガンリアン氏は2010年、フランスのメディアに対して、Hyper-V 3.0がMinWinバージョンとともにクライアントハイパーバイザーとしてWindows 8で走るだろうと述べた。ただし、Microsoftはこの記事について公式に認めていない。

 XenClientは、Ctrix SystemsがHCLを拡充して製品を改善すれば、より強力な選択肢になるはずだ。そして、仮想デスクトップにリモートワーカーがオフラインアクセスできるようにしたい企業にとって、今後重要なテクノロジーの1つになることは間違いないだろう。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...