2011年04月06日 14時10分 UPDATE
ニュース

NEWSインターコム、ウイルス解析技術を強化したセキュリティ製品「Malion Internet Security クラウド」

「SHILIDIAN NETservice」の名で提供していたセキュリティ製品に、インターネット経由で新種・未知の脅威を分析し早期保護を可能する新技術などを追加した。

[TechTargetジャパン]

 インターコムは4月6日、セキュリティ製品の最新版「Malion Internet Security クラウド」(Malion)を発表した。ISPやECサイト運営者、SaaS(Software as a Service)プロバイダーなどのサービスプロバイダー向けに同日より販売を開始。同プロバイダー側での提供準備が整い次第、ユーザー企業向けに順次販売を開始する。

 Malionは、これまで同社が「SHILIDIAN NETservice」の名称で提供していたセキュリティ製品。同製品は、アンチウイルススパイウェアファイアウォール、ネットワーク侵入遮断、メールセキュリティ機能を搭載する。最新版では、インターネット経由で提供する技術を使って未知の脅威に対応する機能と、不正プログラムを実行する有害サイトを検知する機能を追加した。

 未知の脅威に対応する機能は、同社が「クラウド方式エンジン」と呼ぶ技術で実現する。SHILIDIAN NETserviceの既存ユーザー(約70万)からリアルタイムに収集する危険なファイルの情報や同社が独自分析した情報でウイルスの特徴を解析。危険な場合にはユーザーのWebブラウザ上に警告を表示する。

 有害サイトを検知する機能は、ユーザーが訪問したWebサイトの安全性を同社の解析センターでリアルタイムに判断し、フィッシングサイトなどの危険なWebサイトの表示を即座に遮断する。

alt 検索結果ページにWebサイトの安全性を提示

 さらにMalionの特徴として、各種検索サイトを利用した場合の検索結果ページにWebサイトの安全性を示す機能も搭載している。ユーザーはリンクごとに表示されるアイコンやポップアップを参考にして安全なWebサイト閲覧が可能となる。対応する検索サイトはGoogle、Yahoo! JAPAN、Bing、BIGLOBE、goo、@nifty、Infoseek、NAVER。対応ブラウザはInternet Explorer 6.0以上(今後、Google ChromeやMozilla Firefoxなどにも対応予定)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...